今後auもMNPの短期解約の解除手数料アップになる可能性は?

iPhone7 /Plusの予約はこちら
docomo ドコモ
au SB

ドコモが短期解約に関する違約金の件がリークされていました。

それの施策開始は2月20日からということですが、今後auも手数料アップになるのでしょうか?

恐らく各社合わせて同様になることが予想されます。

ということは寝かせるということが基本的に出来なくなります。

寝かすことが出来ないということはどういうことか?いわゆる最低維持で携帯電話を契約し続けることが難しくなるわけです。

携帯電話を普通に維持しながらでないとダメということですね。

携帯電話は維持するのは普通ではないか?とおしかりを受けると思いますが、実は世の中には携帯電話をただ契約だけして最低維持で寝かしている人というのは結構多いのです。

寝かすことのメリットはなんですか?ということですが、寝かすことで得られるメリットというのは携帯のキャッシュバックをもらって最低維持費で寝かせると結構儲かるということです。

もうけるために携帯電話を契約する人が結構いるわけですね。よって携帯電話を最低で維持するという人は結構いるということです。

あと携帯の販売員が2台同時に購入すると安くしますよ!ということで、料金プランをかなり安価にだけ設定して最低維持費でもたせて契約を水増しするということも結構ありますね。

となると今後そういう販売手法がうまくいかなくなる可能性が非常に高いわけです。

ドコモは昨日のリーク記事があるので、MNPが封じられていますが、auはまだそのような情報はあがってきてはいません。

ドコモで短期解約が実質不可能に 指定料金プラン以外への変更で解約金負担が増額に

こちらがリーク記事ですね。

しかしながら今後確実に各社同様の手段をとってくるでしょう。

 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加