MNPが封じられて 各社短期解約時の違約金を増額予定? これって違法では?

iPhone7 /Plusの予約はこちら
docomo ドコモ
au SB

MNPをすると儲かるということは知っている人は知っているということで、実際のところやっている人も非常に多いと思います。

キャリアとしては使ってくれてナンボなので、MNPだけして携帯電話を使わないということ自体は本人の勝手といわんばかりの対応を行ってきました。

よって契約する時にも他の機種と同時に契約することで、端末代金の値引きも出来ますよ!という販売店の謳い文句にハマっている人も多かったはず。

そして横行しているのがMNP乞食という新しい儲けのカタチです。

キャリアにMNPして、キャッシュバックを受け取り、端末を売却して利益を得るという仕組みが横行しているわけですね。

キャリア側は契約者数が水増し出来る上、販売代理店としては優良店となり、販売代理店とお客様の間ではwin−winの関係だったのですが、キャリア側としては使わない人が契約するっておかしくない?となるわけですね。

確かに使わないのに契約するっておかしいですよね・・・ということで出てきたのがMNP封じです。

今まではソフトバンクがMNP限定で違約金を解約違約金とは別に半年以内の解約に対して20000円増額したりとしていました。

それが今回ドコモにも適用されるというのです。

ドコモでも販売時に短期解約を目的とする場合に違約金を発生させる仕組みが出来ました。

しかも残念なことにプラン変更を行っても違約金が発生するという非常に残念な感じですね・・・

その違約金ってなんなの?と思いますよね。プラン変更は別に個人の自由ではありませんか?とおもうのですが・・

ドコモで短期解約が実質不可能に 指定料金プラン以外への変更で解約金負担が増額に

こちらがその記事となります。

プラン変更するだけで違約金がかかること自体違法っぽいのですが、どうなのでしょうか?

これからますます厳しくなる時代ですね。

解約違約金など面倒なことを考えるならやはりSIMフリー+MVNOがお得です

MNPを繰り返すことによってお得感を得ているのは一部の方たちですね。

別にそれはそれで構わないと思いますが、人の幸せを快く思わない人も多いわけですね。

しかしながら飛ばしのお客様というのは自分で調べて、きっちり足をはこんで契約して、きっちりリスクを背負っているわけです。

要するに面倒なことをしているわけです。そりゃ面倒なことをして儲けるのはある意味仕方ないでしょう。

しかしながら面倒なことは嫌だけど普通に使いたいという人はauの機種ですが、こちらがオススメです。

白ロム買うならauの機種+mineoがオススメ 非常に安価に維持可能 フルセグ閲覧もOK

こういう契約なら2年後に維持費があがるなどということも考えずに使うことが出来ます。

そういうほうが楽ですよね・・・

一度検討してみてはどうでしょうか?

この施策の影響で

ドコモは3月かなりの契約者数を獲得したといわれております。

今まで、番号保管サービスなどで、寝かすことを恐れており、それなりのキャッシュバックしか出せませんでした。

それがこの施策が発動されるとかなりドコモも強気になってきました。

そのおかげで、かなり条件もよく契約出来た人も多かったのではないでしょうか。

この施策はすべて悪いばかりではありませんが、使う人にとってはメリットのある施策です。

使わない人対策の為の施策なので、結果的に安価に所持出来る人が増えたのであれば、それはそれでよかったのではないでしょうか。

個人的にはこの施策もオススメ出来る施策になってきましたね。

それでも4月に入って、非常に残念なくらいキャッシュバックが減りました。減ることは予想しておりましたが、減りすぎですよね・・・

2015年4月 ドコモ MNP キャッシュバック 情報 一括0円は?

こちらを一度確認してもらえればいいと思いますが、ちょっとキャッシュバックが下がっている程度ではありませんね。

今月も引き続きドコモにはがんばってもらいたいところではありますね。

とりあえず4月の後半まで契約は抑えておくほうがいいと思います。

初期投稿日:2015年2月25日

 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加