携帯電話の契約のショップブラックに関して考えてみる 契約出来ないことも

iPhone7 /Plusの予約はこちら
docomo ドコモ
au SB

ショップブラックという言葉を聞いたことありますでしょうか?

実はあまりにもひどいことを繰り返しているとショップブラックというものがあります。

それはどのようなものか。

キャリアとしてはブラックではありませんが、ショップとしては自分のショップからは契約してほしくないというお客さんのことですね。

どのようなことをするとショップブラックになるのでしょうか?

恐らく以下の通りです。

・コンテンツの解約を即解約した。

実はこれしか考えられません。

その理由は、携帯の契約自体の変更に関してはショップは見たくても見ることが出来ないわけです。

見たくても見れないのは、通常本人以外は契約が見れません。

というのも、携帯ショップに行った時に本人確認されますよね。

他人の契約を見ることすら出来ませんよね。

ということです。

要するに契約したコンテンツの個人情報はショップ側にありますが、携帯を契約した時の個人情報はキャリア側にあるわけです。

そのキャリア側の情報を見ることは基本的に不可能です。

見れるとすれば、それは個人情報を目的外利用で見ることに相当しますね。

もしキャッシュバックなどをもらうときに契約するショップに確認しましょう。

どう確認するのか?仮にオプションは2ヶ月契約しておいてくださいといえば、オプションを解約したらどうなりますか?と

オプションを解約すればキャッシュバックが受けられませんなどといえば、オプションを解約したことをどうやって知ることが出来るのですか?と

個人情報を勝手に見ることが出来るのですか?といえば、多分見れないと答えないといけないはずです。

見れないといえば、オプションを解約したことを見る術はないですよね?と確認すれば確実に見る術はないはずです。

意地悪な感じもしますがお金がかかっている以上仕方ありませんね。

しかしながら代理店独自のコンテンツは仕方ないのかもしれません。

ショップブラックにならないように気をつけたいところですね。

 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加