GALAXY S9は5.77 6.22インチで In Cell タッチディスプレイに対応

GALAXY S9が今後発売される予定ですが、今から半年後くらいに発売される予定になっているようです。

Samsungは次に発売されるGALAXY S9でIn Cell タッチディスプレイを採用するようです。

Y-OCTAと呼ばれるフレキシブル技術というのは、タッチパネルをスクリーンパネルに内蔵してり、よりスリムになりさらには生産コストを30%ダウンするという効果があるようです。


GALAXY S9及びGALAXY S9+の2機種が発売

GALAXY S8の時もそうだったのですが、通常モデルとPlusモデルの2つを発売する見込みになっているようです。

GALAXY S9両方のモデルでこのIn Cellタッチパネルを採用ということで、実はサプライアは結構残念ということです。

元々構造の問題でこのようなIn Cellを製造する技術というのはかなり難しいとされてきました。

それが技術力があがり解消され、Y-OCTAと呼ばれるフレキシブル技術がスマートフォンに採用されることになりさらにはコストも30%落ちるということなのです。

基本的にメーカーというのはコストに関してはかなりシビアです。30%コストダウンされてしまうということは、当然ながら部品メーカーにもそのものがコストカットされてしまう可能性が高いということです。

またSamsungはコストカットが容易のため、この技術を採用する可能性が非常に高いと思われます。

となればサプライアへの支払いは現行より少なくなってしまう可能性は非常に高いわけです。

しかしながらサプライアへの支払いは少なくなるわけですが、販売価格に関してはそれほど変わらないと思われます。

日本市場でもGALAXY S9にはかなり期待

GALAXY S9に関してはS8と同様にかなり売れることは間違いありません。

<ドコモ>

<au>

ドコモ及びauから発売される可能性が非常に高いということなので、ぜひ予約はしたいところですね。

とはいうもののiPhoneXもそろそろ発売されるということで、iPhoneXを購入した人はGALAXYシリーズに流れない可能性もありますね・・・

両方ともに使ってみて本当に良い方を利用するというのが最良の手だと思いますが・・・いかがでしょうか?

引用元:phonearena
初回投稿日:2017年9月25日

ツールバーへスキップ