子供のGPSの位置情報をスマホや携帯を持たずに実現 教育機関にサービス提供

iPhone7s /Plusの予約はこちら
ドコモは事務手数料無料
docomo ドコモ
au SB

NTTデータは携帯電話やスマホを持たずに全国の教育期間向けに対して小型GPS端末を使う位置情報の「FairCast GPS+」を4月1日から提供すると発表しました。

このサービスを2020年までに500校30万人へのサービス提供を目指しています。

このGPSはのサービスはNTTデータ自身が学校の連絡をするサービスのFairCastというサービスとドコモが位置情報サービスのかんたん位置情報サービスを組み合わせたものです。

こちらのサービスは保護者とがっ国がGPS専用端末を持った子供の位置情報を地図で確認が出来るというものです。

子供が特定のエリアに入った情報をメールで保護者に送信するサービスも提供します。

何故このようなサービスを提供するのかといえば、全国の大半の小中学校では携帯電話やスマホの持込を禁止しています。

このサービスはそのような禁止事項からでもGPS機能を使って位置情報の検索をしたいという親のニーズをうまく汲み取ったサービスだと思いますね。

子供を持つ親は正直なところ不安なもの。昔はGPSで検索などということが出来ませんでしたが、今は非常に便利な時代で居場所がわかるということが可能です。

その機能を持ち込めないという親御さんの気持ちと学校も携帯電話の持込などを禁止しているジレンマの間に入った非常にいい機種ですね。

現在キャリアからもGPSのみの携帯電話なども発売しており、これは結構便利だと思います。

それと同じようなサービスだと思いますが、キャリア以外がサービスをするということも非常に面白いですね。

子供にGPSを持たすことは大事かもしれません。

2015年7月5日

本日も奈良県でこのような事件がありました。すでに保護されたようですが、このようなサービスがあれば、問題も少しはマシだったからもしれません。

GPSサービスというのは本当にこういう時に便利ですね。

当然何もないことに越したことはありませんが、何かあってからでは本当に面倒です。

是非このようなサービスが色々出てくることが世知がない世の中ですが、仕方ないことなのかもしれません。

初回投稿日:2015年7月5日