2017年度版iPhone 電源ボタン巨大化 ホームボタン排除 TouchID 指紋認証の行方は?

iPhone8 /Plusの予約はこちら
ドコモは事務手数料無料
docomo ドコモ
au SB

2017年度版のiPhoneがそろそろ発売されると思われますが、今回気になるのは電源ボタンの巨大化です。

電源ボタンが今まで以上に巨大化するようですね。

電源ボタンの巨大化はどういうことを意味しているのでしょうか?

ホームボタンの排除

iPhone7sも同時に発売されるといわれており、ホームボタンの排除は今のところは新型のiPhoneで行われるといわれており、iPhone7sと呼ばれる現行機種のアップグレードモデルに関してはホームボタンは排除されないといわれております。

ホームボタンが今まで通り付く機種に関しては今まで通り、TouchIDがホームボタンに配置されると思われます。

ホームボタンにTouchIDがつくということは、今まで通り指紋認証機能を果たしており、ある意味使い勝手も今まで通りです。

その為iPhone7sと呼ばれる機種に関しては間違いなくそれはそれで売れると思われます。

しかしながらiPhone8と呼ばれる最新の機種に関してはホームボタンが排除される可能性が非常に高いのです。

こちらがコンセプト画像になるわけですが、ホームボタンがありません。

ホームボタンが排除されることにより、どこにどこにTouchIDが採用されるのでしょうか?

TouchIDは使っている人もかなり多いと思います。指紋認証機能があれば、ロック解除も非常に簡単になりますからね。

そういう意味ではこのTouchIDがなくなるということは基本的にありえないと思われます。

iPhone8 iPhone7s XPERIA XZs 最新の機種購入はこちら

docomo ドコモ au SB ymobileL

iPhone8の電源ボタン巨大化

iPhone8の電源ボタン巨大化というのは、そこに指紋認証機能が搭載される可能性があるということも示唆しております。

指紋認証機能がそんなところに付くの?とおもっている人もいると思いますが、実はボタンに付けるということはそれほど難しいことではありません。

そういう意味では指紋認証機能というのは、ボタン化することも可能なのです。

よってiPhone8は電源ボタンと指紋認証機能が同化するということも十分考えられるわけです。

そうなればかなり操作性なども向上すると思われますので、使い勝手が飛躍的に向上するのかもしれません。

とはいうものの、今までと異なる動作をさせるということはある意味変化です。

変化といってもそこまでの変化ではないのかもしれませんが・・・その変化を楽しむという意味では2017年度モデルのiPhoneには期待したいところです。

初回投稿日:2017年7月27日