iPhone8に3Dセンサーが搭載 AR機能の強化 オートフォーカス機能の向上

次に発売されるiPhone8ですが、背面に3Dセンサーというものがつく可能性が非常に高いことがわかりました。

この3Dセンサーが搭載されるということで、AR機能がさらに強化されるということです。ARというのは仮想現実と呼ばれるもので、ポケモンなどに採用されているものとなっております。そちらが採用されることで、より精度の高いARが採用される見込みです。

続いてこの3Dセンサーが採用されることにより、オートフォーカスが向上すると言われております。

AR機能は何に利用する?

AR機能なんてゲームをしないと結果的に利用しない機能になっているの?なんておもっている人もいるかもしれませんが、そんなことはありません。

仮想現実というのはカメラなどをかざすことで、自分の今の位置及びカメラを向けた方向から色々な物を判断するなんてことも簡単に出来るのです。

そういうことを考えると3Dセンサーが強化されることにより、より精度の高いものになると思われます。

今回3Dレーザーシステムということで、見えないレーザーが正確な距離などを計測することになると思われます。

AR開発プラットフォーム「ARkit」などを利用して開発する可能性も十分に考えられます。

またこの技術というのはiPhoneだけではありません。iPadなどにも応用されると思われます。

iPhone8 iPhoneX XPERIA XZ1 最新の機種購入はこちら

docomo ドコモ au SB ymobileL

3Dセンサーの搭載でカメラ機能に期待も

3Dセンサーが搭載されることによりカメラ性能にもかなりの期待があります。3Dセンサーと使うことにより、被写体を素早く捉えられることが可能になるとおもわれます。

被写体を素早く捉えられることにより、シャッターチャンスを逃すことが少なくなっております。

3Dレーザーシステムを搭載したところで、実際に利用する側は目には見えることはありません。

オートフォーカスが楽に見えるということくらいではないでしょうか。

すでに今の時点でオートフォーカスはそれなりに素早くフォーカスすることも可能なので、これ以上期待することはないのかもしれませんが、やはりフォーカスをするということは、カメラを撮るときや動画を撮る時に関してはかなり期待出来ると思われます。

当然カメラ自身の性能もよくなっており、トータル的に見て現行のiPhone7と比較しても色々な機能が詰まっていることは間違いありません。

iPhone7からの買い替えはする必要はないのかもしれませんが、機能もりもりなら買い替えも検討する人が多いでしょうね。

初回投稿日:2017年7月18日

ツールバーへスキップ