iPhone8は3つのモデルで展開 有機EL 搭載 は1種類で2機種はLCDディスプレイ搭載

iPhone8は3つのモデルで発売されるといわれております。実際には名称に関しては色々な憶測がありますが、今のところiPhone8として発売されるということが一番有力な説です。

3モデルのiPhoneが発売されるということですが、1種類のみが有機ELを搭載ということは知っている人も多いと思います。

2機種は既存のLCDディスプレイを継承

2機種は今まで通りLCDディスプレイを継承するとも言われております。

有機ELというのは、別にそこまですごいというわけではありませんが、有機ELを採用することでより薄型が実現出来る可能性が非常に高いということです。

iPhoneはAppleが一番力を入れて作っている機種の一つとなっており、作りは非常にいい作りになっておrます。それはまず間違いないでしょう。

iPhone9の画面サイズも

iPhone9の画面サイズは5.28インチと6.46インチの2つのモデルが出て来るとも言われております。

2018年にはすべてのモデルで有機ELが採用される可能性が高いとも言われており、有機ELが今後ディスプレイの主力になることはほぼ間違いないと思います。

やはりどの機種も薄型と低電圧のものを採用することが望ましいと思っているようですね。ただし有機ELを採用すると価格的にはまだまだな部分があるので、ハイスペックモデルを中心に有機ELになると思われますが、低価格のスマホでは有機ELの採用は見送られる可能性が非常に高いと思います。

iPhone9の話題まですでに出ているので、iPhoneはどれだけ人気が高いのか?ということがわかると思います。

2018年にはすべてのモデルで有機ELが採用される予定になっているようですね。

引用元:9to5mac

初回投稿日:2017年7月7日

ツールバーへスキップ