iPhone6 iPhone6Plus iOS8は脱獄 Jailbreakが可能 しかしながら脱獄すると?

iPhone7 /Plusの予約はこちら
docomo ドコモ
au SB

iPhone6などの最新デバイスでも脱獄が出来るようです。

脱獄というと非常に悪いような感じがしますが・・・

脱獄というのはようするにiPhoneでの制約を解除させて、なんでも出来るようにするということです。

たとえばテザリングがどうしてもしたい場合にテザリングアプリを導入出来たり、無音でカメラを動作させたりと、キャリア側からすれば意図しないことが出来てしまうということが脱獄するということです。

脱獄について考えてみましょう。

本来の脱獄とは意味が違いますが、これをするとメリットよりデメリットのほうが大きいと考えます。

脱獄するということはキャリア側の意図しない動作環境になったiPhoneを使われるということになります。

まず危険なことはマルウェアに侵される可能性が高くなるということですね。

通常は、AppSTOREからアプリをダウンロードしますが、AppSTOREはAppleがそれなりに不具合がないことを確認しているサイトです。

そのサイト以外からアプリをダウンロードしてインストールするわけですから、マルウェアが仕込まれていてもわからないわけです。

よってセキュリティ上あまくなります。

また脱獄に失敗した場合というのは、保障に入っていない限り、修理となります。

脱獄に失敗するということはどういうことか。

いわゆる文鎮化です。

単なる文鎮となってしまうということで、iPhoneが起動もせずどうすることも出来ない状態になる可能性があるということです。

それって非常に悲しくないですか?

この脱獄ということは世の中では知っている人は知っているということですが、個人的にはかなりオススメできません。

万が一使えなくなっても保障してくれないし、さらにはセキュリティ上の観点からも好ましくありません。

一応自分が購入したデバイスなので、何をしても問題ないわけですが、今はこれをするメリットがあまり思いつきませんね。

どうせならAppSTOREから問題のないアプリを楽しむほうがいいと思いますね。

 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加