ドコモ 2年後の料金を下げるプランが好評 毎月の割引額が一定値引きの施策がオトク

iPhone7s /Plusの予約はこちら
ドコモは事務手数料無料
docomo ドコモ
au SB

ドコモはdocomo With戦略として2年間を超えて利用しているユーザーに対しても値引きを行うという施策を実施します。
6月1日からの運用ということで、非常に気にしている人も多いのではないでしょうか。
今までは2年間同じ端末を所持してもらうことを約束として月々サポートというものがありました。
月々サポートというのは2年間しかつかないので、3年目以降に同じ端末を利用し続けても料金はあがるだけとなってしまいました。
それが今回ドコモは新しい施策として3年目を超えて使う場合、毎月1500円の値引き措置を行ったのです。

docomo With戦略に伴う利用者のお得感は?

まずはdocomo Withの端末を購入する必要があります。

・arrows Be F-05J
・Galaxy Feel SC-04J

上記2機種を購入することにより、docomo Withとなるのです。この2機種を購入するということは、毎月1500円を次回機種変更をするまで永続的に利用することが可能になっているのです。これは間違いなくオトクだと思いませんか?

これら2機種を購入するだけなのです。

こちらドコモオンラインショップとなっております。XiからXiへの機種変更時の事務手数料を無料にしてくれるのです。また頭金も不要です。そういう意味ではかなりオトクに購入することが出来ることは間違いありません。
ドコモオンラインショップからも上記2機種の購入は可能なのです。

ただしこの2機種を選択した場合残念ながら月々サポートはつきません。2年間に渡って料金を割引するという施策はなくなるのです。ただし次回機種変更時まで割引は継続されるので、結構オトクなことは間違いありません。
もし長期割引に興味があるのであれば、これらの機種を購入してもいいと思います。

iPhone7 XPERIA XZ 最新の機種購入はこちら

docomo ドコモ au SB ymobileL

指定機種のみ安くするのはどうかと・・・

とはいうものの最新機種を持ちたいというニーズも少なからずあります。GALAXY S8やXPERIAシリーズなどの最新機種を所持したいと思っているユーザーもかなりいるわけです。そういうユーザーに対しては今まで通りとなっているのです。
それはなぜなんでしょうか?少ないユーザーの部分から少しずつ安価にしていくという戦略なのでしょうが、本来なら利益としては高額な端末を持ってもらうほうが間違いなくドコモとしてもオトクなわけです。
それがこのような廉価版スマホに絞ったというのはわけがありそうですね。
まずは様子を見るといったところでしょうか。今後同様に他の機種に対しても同様の施策が受けられるということはほぼ間違いないでしょうね。
また長期利用者に対してももっとがっつりとして優遇をしてもらいたいです。やはり長期にわたりそれだけドコモを利用しているわけでから長期利用者優遇というものはもっと充実してもいいのかもしれませんね。

初回投稿日:2017年6月1日