スマホ SIMフリー SIMロック のいいところ 悪いところ MVNOは?

iPhone7 /Plusの予約はこちら
docomo ドコモ
au SB

SIMフリーと言う言葉を最近聞く事が多くなりました。

そもそもSIMフリーというものはなんでしょうか?

一般的な携帯電話はSIMとよばれるチップと携帯電話の本体で通話や通信が出来ます。

そのチップがSIMにあたります。

sim-kort-sim
こういうものがSIMにあたります。

ドコモなら以前FOMAカードなどと読んでいた部分ですね。

日本では一般的にSIM及び携帯電話はドコモやauなどのキャリアと呼ばれるところが発売、発行しています。

通常そこで購入する場合はSIMロックというものがかかっており、ドコモで購入するとドコモ以外のソフトバンクのSIMをその携帯電話に挿したところで、通信は出来ません。いわゆるSIMロックといわれるものです。

それがSIMフリー携帯電話はドコモでもソフトバンクのSIMでも挿すことが出来るわけです。

それでは何故SIMフリーとSIMロックがあるのでしょうか?

仮にドコモが携帯電話を安売りしていたとします。

安売り出来る理由はドコモに必ず通信費を払ってくれるということをもとに安売りしているとなるとどうですか?

安売りした直後にソフトバンクのSIMを使われるとドコモはたまったもんじゃありません。

その為キャリアから発売されている携帯電話にはSIMロックがかかっているのが普通なのです。

しかしながらSIMフリーならどこのキャリアのSIMを挿しても使えるのです。

それならすべてSIMフリーにすればいいのでは?と思う人もいるでしょう。

しかしながら今はSIMロックがかかっているわけです。

携帯電話会社が利益を出しすぎ 総務省が指導? ライフラインだから?

こちらの記事を見てみたらいいと思いますが、SIMフリー化の動きは出ています。

それならすべてSIMフリーにすれば?と思うかもしれませんあ、SIMフリーにしてしまうと弊害もあるのです。

先ほどお伝えした安売りというものがなくなるかも知れません。

何故って自社の通信網を使ってくれない可能性があるからですね。

自社の通信網を使って後から通信費を回収出来る予定が見込めなくなるから携帯の安売りというものが出来なくなってしまいます。

その為、安売りがしにくくなります。

またドコモとソフトバンクは通信帯域が同じなので、SIMロックを解除するだけで、お互いのキャリアのもつSIMで通信は出来ますが、auは通信規格が異なる為、出来ません。

よってauのスタンスはどうぞSIMフリーにしてください!というスタンスなのです。

SIMフリーにしたところで、auの携帯電話はドコモのSIMを挿したところで、通常では使えません。

それこそグローバルで販売している一部の携帯電話なら色々な通信規格のものを携帯電話自体に備えているので、通信が可能かもしれません。

そのあたりはauがどこまで情報を出すかどうかですね。

SIMフリーのいいところは他社のSIMでも挿せることですが、悪いところは携帯本体価格が値上がる可能性があるということですね。

auの機種を安価に維持する為には?

auの機種にはmineoというSIMがあります。

最近CMでもやっているので知っている人も多いと思いますが・・・

mineo マイネオ って最近CMしているけど使える? 通信速度などは?

そちらに関してはこのリンク先を確認していただければと思います。

個人的にはかなりいいと思います。

私もmineoを契約していますが、auの機種なら問題なくテザリングも出来るのです。

是非検討いただきたく思いますね。

 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加