SIRI専用チップを開発中 AI技術に特化して iPhoneの動作とは別処理を実施

iPhone7s /Plusの予約はこちら
ドコモは事務手数料無料
docomo ドコモ
au SB

AppleがSIRI専用のチップを開発中だと報じられております。基本的にSIRIをそのままAI技術にもっていきそれを特化したチップで処理させるということが目的のようですね。SIRIというのは使っている人ならわかると思いますが、ある程度会話をするだけで、ある程度色々なことをすることが可能です。
○○までナビしてみたいな感じで話しかけるとそこまでナビをしてくれます。

SIRI専用のプロセッサの開発

Appleの車内では、「Apple Neural Engine」と呼ばれているようです。このエンジンというのは、人間が処理していくうえで、色々な情報を蓄積してその時に最も最適だと思われるアウトプットを行うものになっております。
写真識別や顔識別や音声入力、キーボードの予測変換などもその技術を応用すると思われます。またSIRIの部分を抜き出すことで、他社へこのSIRI部分をOEM提供することも可能ということです。
なぜこのような専用チップを開発する必要があるのか?ということです。基本的にiPhoneなどにはCPUなどが搭載されており、そちらで処理を行うことが可能なのです。それがわざわざ専用のCPUを用いてその処理をする必要があるのでしょうか。

iPhone7 XPERIA XZ 最新の機種購入はこちら

docomo ドコモ au SB ymobileL

SIRI専用のチップを開発している理由

通常iPhoneなどには専用のCPUが採用されておりますが、専用のCPUで処理させると当然ながらそれ以外の処理もあります。その為CPUの処理として見た場合に効率が悪くなるわけです。効率が悪くなるということで、専用のチップを開発しているということです。処理効率が悪いということは、当然ながら発熱問題や消費電力なども問題になってくるでしょう。そういったことから他に処理を任せているわけですね。

iPhone7 XPERIA XZ 最新の機種購入はこちら

docomo ドコモ au SB ymobileL

iPhone8で採用される可能性も

この専用チップはiPhone8でも採用される可能性があります。今までのコプロセッサというものがiPhoneには採用されておりました。
このコプロセッサの一部をSIRIの専用チップとして割当処理させる可能性があるということです。
またこのSIRIというものはMacにも採用されているので、Macでも同様のエンジンを使われる可能性が非常に高いです。
MacbookProに関してはTouchBarなどを新たに採用しそちらには別のチップが入っております。このように今までは1つのCPUで処理をすべて行う予定にしておりましたが、今後はコプロセッサに色々な処理を任せるということを行う可能性が非常に高いですね。
そのほうがトータル的には処理効率がよくなるということでしょう。

初回投稿日:2017年5月30日