Samsung製 ドコモ SC-04J Galaxy Feel 発売日 スペック 価格 割引対象機種 FCC通過

iPhone7s /Plusの予約はこちら
ドコモは事務手数料無料
docomo ドコモ
au SB

ドコモからSC-04J GALAXY feelという機種が発表されました。

ドコモからはGALAXY S8及びGALAXY S8 Plusの2機種が発売されることはほぼ間違いありませんが、SC-04Jという機種の発売も行われる可能性が非常に高いことがわかりました。

ドコモから購入可能

ドコモから発売されるということで、ドコモオンラインショップから購入が可能となっております。

ドコモオンラインショップにて予約を行うことも可能となっております。

当然ながら購入も可能ということになっております。またドコモオンラインショップから購入することにより、実はXiからXiへの事務変更手数料の2160円が無料で購入することが可能となっております。

結構お得に購入することが可能なので、ぜひ検討してほしいですね。

またドコモオンラインショップでの購入というのは頭金が不要です。

ぜひこちらも合わせてご確認いただければと思いますね。頭金だけで5400円お得に購入することが可能ですからね。5400円と2160円ということで、ざっくり8000円弱お得に購入することが可能です。ドコモオンラインショップは非常に優秀なネットショップです。ぜひ検討してほしいですね。また今回発売される予定のこのGALAXY feelですが、すでに予約も可能となっております。本当に予約は最近非常に便利ですよね。予約して購入することをオススメしたいと思います。

iPhone7 XPERIA XZ 最新の機種購入はこちら

docomo ドコモ au SB ymobileL

FCCの資料

こちらがFCCでの資料となっておりますが、こちらを見てみるとSC-04Jという記載があります。

となるとほぼ発売されることは間違いないように思えます。実はこの機種はハイスペックとは別のミドルレンジのスマホということになります。

ミドルレンジのスマホということで、スペック的にはGALAXY S8及びGALAXY S8 Plusより若干低めのスペックということになると思われます。

4.7インチのスマホということになると思われます。現在最も濃厚なものがGALAXY A3ということになっていると思われます。

こちらのスマホがちょうどこの機種のスペックにあうからです。GALAXY A3というスマホというのはあまり日本では馴染みがありません。

日本では馴染みはありませんが、こちらから発売されるとなると結構認知度が高くなる可能性も十分ありえます。

ミドルレンジということで、価格的にもそれほど高くはないので、ぜひ検討してほしいですね。

iPhone7 XPERIA XZ 最新の機種購入はこちら

docomo ドコモ au SB ymobileL

GALAXYシリーズの廉価版は日本では受けるのか?

2017年5月16日追記

GALAXYシリーズの廉価版というのは日本市場でどう取り扱われるのでしょうか。それが一番気になるところではありますね。

廉価版というだけでイメージはそれほどよくありません。しかしながらコスパに優れた機種ということはあるのです。

昨今日本でも韓国製品をボイコットまではいかないまでも購入しない人が結構増えております。

Samsungはいいものを発売しますが、そういうところがあまり得意でないというかなんというか・・・

そんな中でのフラッグシップではないモデルの発売です。

GALAXY S8は日本市場でも間違いなく売れることだと思います。

廉価版モデルをあえて市場に投入するメリットというのはなんだったんでしょうね。それならAQUOSの廉価版も導入してほしいと思いますね。

GALAXYシリーズだけで夏モデル3機種が発売される可能性が非常に高いです。

それはそれでいいのですが、このSC-04Jを発売する意図はなんだったんでしょうか。他に色々機種はあると思いますが・・・それが一番気になりますよね。

iPhone7 XPERIA XZ 最新の機種購入はこちら

docomo ドコモ au SB ymobileL

廉価版のGALAXYシリーズを発売する意味は?

2017年5月17日追記
廉価版を今さら発売する必要はないんじゃないの?と思っている人もいるかと思いますが、廉価版のGALAXYシリーズというものを発売する理由というのは、日本市場でのキャリアモデルはスペックが高い機種が非常に多いということが挙げられます。
その為キャリアとしてもトータルでの価格を抑えたいという思惑があるわけですね。
その為廉価版のGALAXYも投入するということになったと思われます。
今までGALAXYシリーズというとハイスペックな機種のイメージが非常に強かったと思います。
ハイスペックな機種のイメージが強かったということは、実はそれだけ価格が高くなるわけですね。そういうことを抑える目的として廉価版のものも登場させてくるのでは?とかんがえられるわけです。廉価版モデルのものというのは基本的には今までは富士通やシャープの機種が非常に多かったと思います。
最近でいえばMONOなんて機種も廉価版機種で価格はかなり安価になっておりました。このように安価な機種を発売するということで、キャリアとしてはトータルでの売上を伸ばしたいのです。新製品の売上ではなく、毎月定期的に利用してもらうことも重要になってくるわけですね。
毎月定期的に利用してもらうことで、毎月の料金が入ってくるわけです。それは非常に重要なことかもしれません。結局通信費で稼いでいるということになるわけですが、廉価版の機種を販売し、敷居を下げるということも非常に重要な要素かもしれません。

iPhone7 XPERIA XZ 最新の機種購入はこちら

docomo ドコモ au SB ymobileL

docomo With製品に選ばれ長期利用ならかなりオトクに利用出来る

docomo with 同じ機種を長く使うユーザーが安く 毎月の通信費を割引く施策発表
docomo withという新しい施策が出てきました。こちらの施策はかなり面白い施策となっております。docomo withと呼ばれる製品を...

こちらの記事を見てもらいたいのですが、こちらの機種はdocomo Withという機種に選ばれました。これに伴い3年でも5年でも毎月1500円の割引を受けられる機種となりました。これはかなりオトクなこと間違いありません。
長期間同じ機種を使うユーザーにとっては非常にありがたい施策になっております。こちらの機種はGALAXYシリーズとなっており、かなり使える機種であることは間違いありません。そういうことを考えるとこのdocomo Withを利用出来るということで、かなりオトクに利用出来ることは間違いありません。どうせ購入するのであれば、docomo Withというものを利用してもらいたいですね。

引用元:FCC

初回投稿日:2017年5月2日