Xiaomi Mi 6 シャオミ スペック 仕様 SIMフリースマホ 価格 日本での発表は? オススメ DSDS対応 ハイスペックスマホ

iPhone7s /Plusの予約はこちら
ドコモは事務手数料無料
docomo ドコモ
au SB

XiaomiがXiaomi Mi6というハイスペックスマホを発表しました。

このMiシリーズというのはかなりのハイスペックモデルで、Xiaomiのフラッグシップモデルのスマホとなっております。

それではどのような機種になるのか紹介していきたいと思います。

Xiaomi Mi6のスペック

大きさ 145.1×75.0×7.04mm
重さ 182g
OS MIUI 8
CPU SnapDragon835
RAM 6GB
ROM 64GB/128GB
画面サイズ 5.15インチ
解像度 1920×1080ドット
カメラ 1200万画素x2/800万画素
カラー ブルー、ホワイト、ブラック
Wi-Fi 802.11 a/b/g/n/ac
その他 3350mAhバッテリー

今回のこのXiaomi Mi6というのはなんといってもSnapDragon835を採用していることです。

このSnapDragon835というのは、GALAXY S8やXPERIA XZ PREMIUMに採用されているCPUとなっており、実は現行で発売されているモデルの中では最もスペックの高いCPUとなっているのです。それは本当にすごいことですね。

ここまでスペックの高いCPUを搭載している機種となっており、日本ではSIMフリーを中心に発売される可能性が高いですね。とはいうものの、Xiaomiのキャリア取扱は行われません。

今までもXiaomi製の端末というのは日本ではほとんど取り扱われていないのが現状です。

スペックも高く価格は実はかなり抑えられており、価格的には5万円程度と言われております。GALAXYシリーズが10万円程度するので、まさに半額程度での販売ということになります。

前モデルのXiaomi Mi5でもかなりスペックが高く、当時はXPERIA X Performanceなどと比較されることが多かった機種です。

ちなみにわたしもXiaomi Mi5は持っており、カタログ値ではXPERIA X Performanceと同じくらいですが、実際に測定するとXiaomi Mi5のほうが高かったですね。

こちらに前モデルですが、ベンチマークを記載しておきます。

それ以外の動画もありますので、こちらもご確認ください。

こちらがXiaomi Mi5で撮った動画です。今回のXiaomi Mi6はなんといってもデュアルカメラ搭載となっており、実に期待出来る写真を撮ることが可能になっていると思われます。

このXiaomi Mi6は本当にほしい機種の一つですね。

iPhone7 XPERIA XZ 最新の機種購入はこちら

docomo ドコモ au SB ymobileL

DSDSに対応

このXiaomi Mi6はDSDSに対応しております。

DSDSというのはここ最近かなりの流行りであることは間違いありません。

DSDSとは? Dual SIM Dual Standby スマホを2枚のSIMを挿して利用する 通話 データで契約を分けることも可能

こちらがDSDSの説明を記載した記事となっております。

DSDSというのはここ最近かなり出てきていると思います。

昨今はVAIO Phone AでもこのDSDSというものがありましたが、本当にいいと思います。

とはいうものの一般の人はそこまで必要ないかもしれませんが・・・やはりいいのは海外渡航の時などが非常にいいと思います。

現地のSIMを購入し一つに挿すなどという使い方も可能になっているので、このところDSDSに対応したスマホがかなり発売されているのです。

とはいうものの、キャリアから発売されるスマホにはこのDSDSというものはありません。

特に低価格スマホを中心に発売されているという印象ですね。

iPhone7 XPERIA XZ 最新の機種購入はこちら

docomo ドコモ au SB ymobileL

日本でも格安SIM運用が可能

スマホの通信費を安くしたい 毎月の維持費が高すぎる 格安SIMに乗り換えたい人
スマホの通信費を下げたと思っている人はかなり多いと思います。なんといっても毎月の維持費がかなり安価になりますからね。 最近スマホの通信...

こちら格安SIMに関して書いてある記事となっておりますが、こちらのように格安SIMで当然ながら運用することが可能です。

格安SIMで運用することが出来たらかなりお得に毎月の維持費を抑えることが可能です。

このように海外製スマホといったところで、実際にはそれなりに使い勝手もいいということで、個人的にはかなりオススメです。

ぜひこのような格安SIMを挿して運用したいところですね。格安SIMで運用することにより、本体はそれなりの価格ですが、トータルの維持が非常に安価になります。この手のハイスペックスマホを選択する人はやはり格安SIMを選択する人もかなり多いことは間違いありません。

格安SIMというものが日本市場でこのところかなり勢力を伸ばしていることを考えるとこのようなハイスペックスマホを選択する人も増えてきてもいいのでは?と思いますね。

ハイスペックスマホを選択することにより、キャリアで契約するよりもかなり価格を抑えることができます。

iPhone7 XPERIA XZ 最新の機種購入はこちら

docomo ドコモ au SB ymobileL

クーポンも早速出てきた

2017年4月24日追記

実は早速この機種のクーポンも出てきました。

この機種は人気もかなり高いと思われますので、ほしいと思っている人もかなり多いのではないでしょうか。

最新 ハイスペック SIMフリースマホが 安価に発売 クーポンでお得に買える
海外サイトでクーポン・キャンペーンを実施しております。 いつものことながらこちらのサイトでの購入はかなりお得なので、ぜひ検討してほしい...

こちらのページにこの機種のクーポンが出てきております。

間違いなくこちらを利用すればお得に購入することが可能です。

Xiaomi Mi6という機種は日本では発売されることはありませんが、すでにSIMフリーなら購入することが可能となっております。

本当にそういう意味ではかなりお得なこと間違いありません。

前モデルのMi5と比較してもスペックだけ見たら段違いによくなっております。それだけこの機種は期待出来る機種ということですね。

ぜひ検討してほしいと思います。

それにしても海外サイトではこのようなクーポンはそっこう出てきますね。日本市場ではなかなかクーポンは出てきませんが、海外サイトならではでしょう。

これに伴いかなり安価にスマホを購入することが可能になっているのです。日本市場では楽天やAmazonなどからもこのようなスマホは購入可能になるかと思われますが、日本で購入する場合は販売手数料などが入っているので、購入するならやはりこのような海外サイトを利用するほうがトータル的にはお得です。

ただし保障などの面でまだ敬遠する人もいると思われますが、結局のところ普通に日本で購入したところで保障問題というものはついてきます。それなら別に海外サイトを利用しても全く問題ないと思われますが、どうでしょうか?

iPhone7 XPERIA XZ 最新の機種購入はこちら

docomo ドコモ au SB ymobileL

6GBのRAMは魅力的

なんといってもこの機種は6GBのRAMを搭載しているのです。6GBのRAMを搭載しているスマホというものは本当になかなかありません。

GALAXY S8でも4GBレベルなのです。日本でGALAXY S8が発売されたところで、それが一番ハイスペックなモデルなのです。

そのGALAXY S8でも4GBですが、この機種は6GBのRAMを搭載しているのです。それだけで十分魅力的だと思いませんか?

6GBのRAMというのは4GBの1.5倍の容量となっており、当然ながらゲームなどをした時でも十分なRAMが確保されるということです。

今後このような6GBほどあるものが業界のスタンダードになっていくものと思われます。

とはいうもののネットしかしない人にとっては6GBものRAMは不要かもしれませんね。そういう人は4GBもあれば十分でしょう。

しかしながらゲームを頻繁に行う人にとっては6GBのRAMがあればスムーズにゲームの進行も出来ると思われます。それこそカクカクなどした動作はかなりなくなると思われます。

それにしてもXiaomiはすごい機種と製造したと思いますね。それでも若干残念なことはXiaomi Mi6ではフルHDの画面しかありません。

昨今2K解像度が当たり前になりつつあるなかでフルHD解像度なのです。その理由はおそらくフルHDのほうがバッテリーの持ちがいいことなどがあげられると思われます。解像度が高くなるとそれだけバッテリーに負担がかかるのです。そういうことを考えてひょっとするとこのような仕様にしているのでは?と思われます。それとトータル的にみてフルHDでも十分キレイな画面になるということもあげられると思われます。

スペックが高いといいと思う人はかなり多いのですが、実は2K解像度もフルHD解像度もそれほど変わらないと見ている人も結構多いはずです。実はXPERIA XZやXPERIA XZsでは解像度はフルHDです。

そういう意味ではXPERIAのようなフラッグシップモデルでもフルHD止まりなのです。それはあくまでPREMIUMと異なる感を出したかったのかもしれませんが・・・それでもまだまだフルHDでも十分キレイという認識ではないでしょうか。

Xiaomi Mi6というのもMi5の時点でフルHD以上の解像度のある機種を発売することは出来ましたが、あえてそこはやめていると思われます。そういうことを考えると画面の解像度以外は最高のものを提供しているが、フルHDでも見た目は十分という企業判断があったからでしょうね。それにしても価格がかなり安価になっているこの機種は本当にいいと思いますね。

初回投稿日:2017年4月21日