ドコモ AQUOS EVER SH-04J スペック 予想 発売日 予約 レビュー 評価 評判

iPhone7s /Plusの予約はこちら
ドコモは事務手数料無料
docomo ドコモ
au SB

ドコモから今後AQUOS EVERという機種が発売される可能性があります。

こちらの機種は今までのEVERと同様に廉価版の機種となっております。

それでは予約等を行う人もいると思いますので、ドコモオンラインショップを紹介したいと思います。

予約はドコモオンラインショップ

こちらはドコモオンラインショップとなっております。

こちらから発売後予約を行うことが可能になっております。

またドコモオンラインショップ経由で機種変更を行うとXiからXiへの場合の機種変更は事務手数料がかかりません。

事務手数料だけで2160円するので、結構お得かと思います。それ以外にも自宅からの購入が可能ということで、自宅にいながら機種を購入することが可能になっております。

店舗にいってわざわざ並ぶ必要はありません。そしてありがたいのは頭金がないことです。頭金を5400円に設定しているドコモショップも非常に多いと思いますが、それが不要です。それだけで機種変更時の事務手数料と合わせてざっくり8000円ほどお得に機種を購入することが可能なのです。

ぜひ検討してほしいですね。それではSH-04Jの予想されるスペックを見ていきましょう。

iPhone7 XPERIA XZ 最新の機種購入はこちら

docomo ドコモ au SB ymobileL

スペックは?

まずはCPUからですが、廉価版機種ということも考えるとSnapDragonの4番台もしくは6番台を搭載しているものと考えます。

おそらく今なら6番台も結構安価になってきているので、6番台を採用している可能性が高いと思います。最近ならVAIO Phone  Aという機種が発売されましたが、そちらの機種に採用されているCPUでSnapDragon617というCPUが採用されておりました。そちらのCPUでオクタコアということです。それでいながら25000円程度の機種となっているので、CPUはそのあたりかと思われます。

続いてRAMですが、こちらは低価格ということを考えると2GBあたりではないでしょうか。正直なところ2GBでもまだ動作するスマホというものはかなりあります。

2GBというのはRAMとしては若干少なめですが、それでも価格を考えれば2GBの可能性は十分ありますよね。それから推測するにROMは16GBでしょう。このあたりはMicroSDで増やすことが可能になっているので、気にすることはないと思われます。

続いて気になるのはカメラではないでしょうか。カメラは1300万画素くらいだと思われます。現在発売されている格安スマホというジャンルで搭載されているカメラの画素数はたいてい1300万画素程度です。
1300万画素程度あれば写真は普通に撮ることが可能です。むしろそれくらいあれば十分キレイに撮れると思いますね。

iPhone7 XPERIA XZ 最新の機種購入はこちら

docomo ドコモ au SB ymobileL

格安スマホでも発売される可能性が高い

格安スマホというジャンルで発売される可能性は非常に高いスマホとなることは間違いありません。

昨今シャープは格安スマホのジャンルにも色々機種を出しております。こちらの機種はドコモ用の機種となっておりますが、実際のところSIMフリーにして格安スマホとして販売するほうが儲けることが可能になってきているからです。昨今は格安スマホを所持する人が結構増えてきております。格安スマホを所持する人が増えてきているということで、シャープもそちらに販路をシフトしつつあるのでしょう。

とはいうものの、やはり格安スマホよりもキャリアにお願いしているほうがメーカーとしてはたくさん機種を販売してくれる可能性は高いですね。

格安スマホはある程度上級者が利用するので、格安スマホを利用する人は海外製のスマホを利用する人も結構増えてきております。

そういうことを考えると国産スマホは購入しないという人も結構多いでしょうね。海外スマホはスペックのわりに割安感がありますからね。ということで本当にこれから先はシャープもかなりがんばる必要があると思います。今のところまだ日本国内ではそれなりに販売台数を確保しておりますが、これから本当に端末は売れない時代に入ってきました。

売れないという逆境の中どうやって販売していくのか?ということがシャープの踏ん張りどころではないでしょうか。

初回投稿日:2017年4月18日