新型 iPad 9.7インチモデル 登場 Air2の後継モデル スペックは若干の向上 Proモデルではない

iPhone8 /Plusの予約はこちら
ドコモは事務手数料無料
docomo ドコモ
au SB

新型のiPadが発表されました。10.5インチモデルなどの発売が行われるとも言われておりましたが、9.7インチモデルとなっております。

実質このモデルはiPadAir2の後継モデルということになると思います。

各社から発売開始

日本のキャリアでもこの機種は発売される見込みになっており、日本各社から発売がされる予定になっております。

docomo ドコモ

au

SB

こちらが各キャリアのオンラインショップです。予約は3月25日から開始されるということで、ぜひ購入するなら予約をしてから購入してください。

価格も非常に安価で37800円〜(Wi-Fiモデル)となっており、非常にリーズナブルです。

ここまで安価な価格設定ならありだと思いませんか?キャリアモデルはセルラーモデルとなるので、価格はもう少し高くなると予想されます。

予約を行う人は一旦各社のオンラインショップを参照してみるのもいいと思いますね。

iPhone8 iPhone7s XPERIA XZs 最新の機種購入はこちら

docomo ドコモ au SB ymobileL

スペック

機種 iPad
大きさ 240×169.5×7.5mm
重さ 469g(Wi-Fiモデル)478g(セルラーモデル)
OS iOS10
CPU A9
RAM 2GB?
ROM 32、128GB
画面サイズ 9.7インチ
解像度 2048×1536ドット 264ppi
カメラ 800万画素/120万画素 F値2.4
カラー ゴールド、シルバー、スペースグレイ
対応バンド UMTS/HSPA/HSPA+/DC-HSDPA(850、900、1,700/2,100、1,900、2,100MHz)、GSM/EDGE(850、900、1,800、1,900MHz)
CDMA EV-DO Rev. AおよびRev. B(800、1,900MHz)
LTE(バンド1、2、3、4、5、7、8、12、13、17、18、19、20、25、26、28、29、38、39、40、41)
Wi-Fi Wi-Fi(802.11a/b/g/n/ac)、デュアルチャンネル(2.4GHz/5GHz)
その他 Touch ID、3軸ジャイロ、加速度センサー、気圧計、環境光センサー

カメラ機能

8メガピクセルカメラ
オートフォーカス
パノラマ(最大43メガピクセル)
写真のHDR
露出コントロール
バーストモード
タップしてフォーカス
タイマーモード
ƒ/2.4の開口部
5枚構成のレンズ
ハイブリッド赤外線フィルタ
裏面照射
自動手ぶれ補正
顔検出
写真へのジオタグ添付

ビデオ機能

1080p HDビデオ撮影(30fps)
スローモーション(120fps)
手ぶれ補正機能を使ったタイムラプスビデオ
ビデオの手ぶれ補正
顔検出
3倍ビデオズーム
ビデオへのジオタグ添付

前面カメラ FaceTimeカメラ

1.2メガピクセルの写真
ƒ/2.2の開口部
720p HDビデオ撮影
裏面照射
写真とビデオのHDR
顔検出
バーストモード
露出コントロール
タイマーモード

セルラーモデル及びWi-Fiモデルが発売されますが、基本的にどちらもほぼ同じスペックと思っていただければいいと思います。

セルラーモデルのほうはGPSが付いているというところが一番の違いですかね。

それ以外はほぼ同じということになります。

iPhone8 iPhone7s XPERIA XZs 最新の機種購入はこちら

docomo ドコモ au SB ymobileL

iPadAir2の後継モデル

この機種はiPadという名称で発売されており、Proという名称もありません。またiPadAir2とCPU以外ほぼ同じスペックということになり、ほぼ後継機種ということがいえると思います。

iPadAir2はA8XというCPUを採用しておりましたが、この機種はA9というCPUを採用しております。

iPhone6sと同じCPUになります。そういう意味ではProモデルではなかったということですね。

RAMの容量ですが、Appleとしては公開しておりませんが、おそらく2GBのRAMの容量かと思います。

iPhone8 iPhone7s XPERIA XZs 最新の機種購入はこちら

docomo ドコモ au SB ymobileL

10.5インチモデルへの期待

iPadという名称で今回の機種が発売されたわけですが、やはり10.5インチモデルへの期待は高まりますよね。

10.5インチモデルがProモデルとして今後発売される可能性が十分にあるからです。

現行のiPadProには若干スペックはこの機種では及びませんが、それでも期待している人はかなり多いと思います。

なんといってもProモデルも今後発表される可能性があるということで、期待している人もかなり多いでしょうね。

TouchBarなどの搭載も言われており、今後Proシリーズと通常のiPadで住み分けが出来るようになるかもしれません。

とはいうもののタブレットにそこまでの動作速度を求めるということはあまりないと思われます。

その理由ですが、タブレットというのは基本的には何か動画を見るとかウェブページを閲覧するなどということはあってもそこまで重い処理をする人は少ないでしょう。よってこれくらいのiPadのレベルでも十分問題はないのです。

それこそ音楽をiPadで作っているというある程度特殊な使い方をしている人はProモデルがいいと思いますが、一般のユーザーはこれで十分でしょうね。

それでも新型のiPadが発売されるということは本当に嬉しいことだと思います。次に発売されるモデルにも期待したいところですね。

初回投稿日:2017年3月22日