iPhone8 アイフォーン8でAR機能搭載 拡張現実 搭載で道に迷うこともなし?

iPhone7s /Plusの予約はこちら
ドコモは事務手数料無料
docomo ドコモ
au SB

iPhone8でAR機能いわゆる拡張現実機能というものが採用される可能性があります。

拡張現実というのは、いわゆるポケモンGOのようなカメラに写った現実とそれにかぶせてくる仮想的な何かを表現するようなものです。

一番わかり易いのはドラゴンボールのスカウターのようなものというのがわかりやすいと思います。

正直なところ相手の戦闘能力は実際にはわかりませんが、スカウターを付けると拡張された機能の一つとして表示させるという機能です。

それがOS標準でついてくるということになると思われます。

色々な情報が見れて面白い

実際にはどのようなものになるかわかりませんが、この上記の写真のようにiPhoneをかざすとカメラに付加情報が色々追加されるわけです。

実際にカメラを通して見えるのは現実の画像というのが一般的です。それは自分の目で見えているものということですが、そこに付加情報が色々ついてくるということは非常に面白いと思いませんか?

色々な情報が見えるということは、本当に道に迷うこともありません。

GPSの情報やカメラの向けている方向をiPhone自身がキャッチするということです。

そのため、それを元に正確な付加情報というものを付けるわけですからそれはすごい情報量を元につけていくわけです。

これは本当にすごい作業ですが、エンドユーザーからするとすごい作業などということはわかりません。それをある意味瞬時に判断するわけです。

そういうことが出来るようになれば、本当にiPhoneだけ持って出かけるとどこにでも行けそうですね。

iPhone7 XPERIA XZ 最新の機種購入はこちら

docomo ドコモ au SB ymobileL

iPhoneのカメラの開発にかなり力を入れている

このような新しい技術を取り入れるためにかなりのマンパワーを注いでいると言われております。

今は数百人規模の体制でiPhoneのカメラを開発していると噂されております。

拡張現実が現実になった時本当に便利だと思えると思います。

便利さというのは、人間をある意味退化させるのですが、その便利な機能を使いこなせるだけ人間が成長すれば本当に素晴らしいものに出会えるはずです。

実際のところこの拡張現実がOSに採用されるのかわかりませんが、次のOSくらいで採用されると面白いですね。

次のOSというのはiOS11です。一応iPhone8にはiOS11が採用されると言われておりますので、期待はしたいところです。

ただし専用製品というのはまだ発売されないとも言われております。専用製品というのはGoogle Glassのような製品のことです。

このような製品はまだ発売されないと思われます。それでも本当にこれが現実になったらかなり楽しみですよね。

初回投稿日:2017年3月21日