iPhone8の有機EL搭載モデルでディスプレイが縦長に 18:9の比率に

iPhone7s /Plusの予約はこちら
ドコモは事務手数料無料
docomo ドコモ
au SB

次に発売されるiPhone8と呼ばれるPREMIUMモデルですが、ディスプレイが縦長になるといわれております。

現在のiPhone7Plusで採用されているディスプレイに関していえば、アスペクト比で16:9となっております。

その比率が18:9に変更されるというのです。

G6に搭載されているディスプレイは18:9

まさにLGから発表されたG6はアスペクト比は18:9となっており、ディスプレイにボタン配置を持ってきております。

ボタンがなくなりディスプレイに配置されるという今まであまりなかったデザインになることで、動画を見たり画像を見たりホームページを見たりという時に、やはり大画面で見やすいということもあります。

この比率が2:1になるということは、いわゆるスクエアが2つ縦長にならんだような感じになるわけです。

2:1になることにより、大画面ならが持ち運びが非常に便利になったということです。ボタン配置がなくなったということは確かにそういうことは考えられます。

今後発売される予定のGALAXY S8でも同様に大画面になるといわれており、アスペクト比に関しても18:9を採用してくる可能性が十分に考えられます。

今後2017年のトレンドになるのがこのアスペクト比2:1のデザインになるということです。

iPhone7 XPERIA XZ 最新の機種購入はこちら

docomo ドコモ au SB ymobileL

コスト高に

今まで採用されていた液晶パネルをそのままiPhoneを含め、他の機種に採用されていることを考えると有機ELを採用することにより、かなりコストアップになるようです。

コストアップになるということですが、コストアップしてまでも有機ELを採用するといわれているiPhoneですが、なぜ有機ELを採用するのでしょうか?

有機ELになるだけでコストアップは避けられません。やはり今回は端っこの部分を若干カーブさせる可能性もあります。

若干カーブさせることのメリットというのは持ちやすさにあると思います。

角が角ばっている機種の場合はどうしても持ちにくくなります。GALAXYシリーズに採用されているEDGEスタイルまでいかなくても、ある程度カーブしているほうが使いやすいのです。

当然ながら画面のみやすさとのバランスもありますので、おもいっきりカーブになるということはありませんが、そういうことが有機ELのメリットなのです。

また消費電力も有機ELのほうが少ないという利点もあります。そういうことから有機ELを採用するということになるようですね。

そういう意味では非常にいいと思いますね。

画面サイズは5.8インチになるということですが、ホームボタンの排除など新しいことに抜かりのないAppleです。

本当にこれは期待したい仕様となることは間違いないでしょうね。

引用元:iphone-tech

初回投稿日:2017年3月14日