2019年 発売 iPhoneは 有機EL ディスプレイを搭載 液晶ではなく消費電力も少なくなる予定

2019年になると全種類のiPhoneで有機ELが採用される見込みとなっているようです。

有機ELというのはOLEDと呼ばれており、液晶のようですが、液晶ではなく自由自在に形を変化出来るディスプレイとなります。


2019年に発売されるiPhoneは何?

2019年に発売されるiPhoneはどんなiPhoneになるのでしょう。

iPhoneは2016年に発売されたものがiPhone7です。その後iPhone7sが2017年に発売されるといわれており、そしてiPhone8が2018年でiPhone8sが2019年となる可能性が高いです。

とはいうもののひょっとすると2017年モデルがiPhone8になるという情報もあり、今のところそのあたりがまだ見えておりません。

そのため2017年に発売されるiPhoneがiPhone8だった場合はiPhone9になる可能性がありますね。

iPhone9の頃と考えらればまだまだかなり先のように感じますよね・・・

iPhone8 iPhoneX XPERIA XZ1 最新の機種購入はこちら

docomo ドコモ au SB ymobileL

有機ELが採用され、EDGEモデルも一般的に

有機ELが採用されるということはEDGEモデルが一般的になっていく可能性も十分考えられます。

EDGEモデルというのは、GALAXY S7 EDGEに採用しているような画面になる可能性があるということです。

なぜGALAXY S7 EDGEがあのようなEDGEスタイルになったのかということですが、それはそれで面白い形なのでいいと思います。

ひょっとするとiPhoneもTouchBarのようなものが採用され、その部分に有機ELが採用されるなんてこともないのでしょうか。

有機ELを採用することにより、色々な形に変形出来るので、それこそサイド部分にディスプレイが採用されるのかもしれません。

ある意味色々変形出来るということが非常に面白くて可能性がふえますよね。

その可能性というのは本当に色々あると思います。無限大というところまではいくことはないと思いますが、設計者はある程度柔軟な形にすることのディスプレイを採用することで色々おもしろいことが出来るということは本当にメリットのあることだと思います。

本当にいいことだと思いますね。

初回投稿日:2017年3月10日

ツールバーへスキップ