SIMフリーで携帯電話を販売するとSIMフリー端末が販売しにくくなる現実

2015年夏以降に発売されるモデルはすべてSIMフリーとして発売するようにという総務省からのお達しがありました。

それに伴い各社はSIMフリーモデルとして発売する必要があります。

現在SIMフリーを生業にしている業者もかなりいると思われます。

特にネットショップや秋葉原にあるスマホ専門店のような店では格安スマホがかなり売れていたりするわけです。

しかもSIMフリーという言葉にそういう方達はかなり反応がよい為、かなり売れるのです。

SIMフリーになるということで、メリットもありますが、デメリットも大きいです。

開発する側からはSIMフリーのほうが開発はしやすいかも知れませんが、ユーザーにとってはSIMフリーになれば、海外で使えるということや、他社の通信も楽しみたいというちょっとしたニーズに応えることが出来るのでかなり幅が広がります。

ただしこれらSIMフリー端末がいいのかというとそんなことはありません。

今までなら高額なSIMフリー端末を購入してくれていた店などがかなりの確率で客が減ることが予想されます。

となるとこれは死活問題です。

個人的にはSIMフリーではなくてもよいと思いますが、これは完全に時代の流れです。

海外がSIMフリーが多いという理由からなっているということも十分考えられます。

特にSIMフリーなどニッチな産業でしょうから、この分野が縮小すればかなり痛いでしょう。

ただし時代の流れには逆らわないほうがいいのかも知れませんね。


SIMフリーは5月からといいますが・・・

2015年 5月以降に発売の機種をSIMフリーにすると ソフトバンクの機種+ドコモのMVNOが最高

そろそろですよね!後1ヶ月ほどで開始されるわけですが、今のところまだ動いているわけではなさそうです。

ドコモ、ソフトバンク共にキャリア縛りの施策を発表しており、本当に5月からなるの?と言いたくなるところですね。

それでも5月以降に発売した機種という縛りもあるので、5月に発売される機種というわけではなさそうです。

もう少し情報を待ちたいところですね。

初回投稿日:2014年11月5年

ツールバーへスキップ