iPhone8では32GBの容量がなくなり、64GBと256GBの2種類になる?

iPhone8は32GBの容量のモデルがなくなるかもしれません。

32GBモデルというのは最小モデルとなっており、価格も一番安価なモデルとなっており、別にiPhoneならなんでもOKという人を中心に非常に売れている容量です。


32GBがなくなると?

32GBモデルがなくなると最低容量は64GBになるのではないかと言われております。

64GBが最低容量になるのであれば、かなり容量が入るので、それこそiPhoneを使いこなす人にとってはかなりありがたい容量の一つとなることは間違いありません。

そしてひょっとすると128GBの廃止があるかもしれません。128GBの廃止に伴い、iPhone8は64GB及び128GBの2つだけのモデルになってしまう可能性も十分に考えられます。

そうなるとあまりにも容量に開きが出ますよね・・・128GBの廃止ということは、エンドユーザーとしてはかなり辛い選択肢になると思われます。今の128GBを利用している人からすると64GBは小さいので選択しない。

となれば次に選択するのが256GBになってしまうのです。

そうなると価格が非常に気になってきます。すでに最低容量の64GBを搭載する予定のiPhone8でさえ価格に関しては、有機ELに変更になったりすることもあり1000ドルを超えるといわれております。

iPhoneは10周年モデルを迎え 高級路線に 1000ドルを超える価格も 日本では12万ほどに

こちらの記事がその記事となっておりますが、かなり価格は高くなると予想されているのです。

となると256GBはさらに価格が高くなることが予想されますので、おそらく150ドルほど高くなるのではないでしょうか。

ざっくり2万円近く価格は高くなるような気がします。

iPhone8 iPhoneX XPERIA XZ1 最新の機種購入はこちら

docomo ドコモ au SB ymobileL

高額でも10周年だから一部の富裕層が買う

高額だったとしても10周年だからという理由で一部の富裕層が購入すると思います。

といっても実は富裕層だけではありません。日本でもかなり売れることは間違いありません。日本人はいがいと新しいもの好きなので、やはり日本では売れることは間違いないでしょう。

iPhone7が発売された時に関しても日本ではピアノブラックを中心にブラック系がかなり売れました。やはり日本人は新しいもの好きという感じでしたね。

逆にそれ以外の色に関しては日本ではあまり売れておりません。となると次に発売されるiPhone8に関しても日本ではかなり売れるのではないかと予想されます。

当然ながらiPhoneに関してはかなり期待したいところではありますよね。

iPhone8 iPhoneX XPERIA XZ1 最新の機種購入はこちら

docomo ドコモ au SB ymobileL

2017年8月時点の情報

そろそろiPhone8の発売が近づいてきましたが、今の時点でもiPhone8の容量というのは64GBと256GBということのようです。

となると一番の売れ筋モデルである128GBがないということになります。

動画などをあまり撮らない人にとっては256GBも不要だと思います。となるとやはり売れ筋は256GBということになりますよね。

256GBというのはスマホにしてはかなりの容量です。iPhone8の64GBと価格差はおそらく2万円ほどあるでしょう。

それくらいの価値があるかどうかは自分で決めてもらう必要があるかと思いますが・・・

個人的にはiPhone8の容量は大きいに越したことはありません。どうせなら大容量でたのしみたいですからね。大容量ならアプリのインストールなども本当に困りません。

むしろ大容量の購入を本当にオススメしたいです。

大容量だからこそ動画やビデオを入れておくことが可能なのです。

結果的に2年間利用しようと考えている人が多いので、やはり256GBを選択するべきだと思います。

動画は意外と容量を消費していきます。そういう意味では256GBの余裕があるほうがいいのです。結果的に慢性的な容量不足になる人も多いと思いますが、ある程度容量を確保できればそんなことはありません。

ぜひ大容量モデルの選択をお願いしたいところですね。

初回投稿日:2017年2月24日

ツールバーへスキップ