iPhone7 後継モデルでは5インチ モデルが登場? ガラス筐体 非接触充電が出る?

iPhone7 /Plusの予約はこちら
docomo ドコモ
au SB

iPhone7の後継モデルでは4.7インチと5.5インチに加えて5インチモデルが登場するかもしれないという情報が出てきました。

非接触になる可能性があるということは以前から言われておりましたが、ここ最近ではこの情報は久しぶりです。

5インチのiPhone?

以前は5インチのiPhoneが出て来るという情報がありましたが、一旦この情報はなくなりました。

その後5.8インチ程度のiPhoneXが発売されるという見方が強かったわけですが、ここにきて5インチのiPhoneが発売されるという情報が出てきたわけです。

5インチのiPhoneが発売されるということはその5インチのiPhoneというのは4.7インチ画面からレベルアップしたものと思われます。

それはどういう意味かというと今回発売されるiPhoneは実は全面ディスプレイに覆われるモデルが発売されるという情報は以前から出ておりました。

ということは全面ディスプレイに覆われたモデルということは、iPhoneの画面からすると0.3インチほど画面サイズが大きくなれば全面ディスプレイになる可能性が高いのです。

そして今回の発表で5インチのiPhoneが発売ということになるのであれば、4.7インチのiPhoneを全面ディスプレイにするとちょうど5インチになるわけです。

実際には4.7インチのiPhoneに0.3インチ分多く画面をとり、それが全面ディスプレイになるのではないか?ということでs.う

iPhone7 XPERIA XZ 最新の機種購入はこちら

docomo ドコモ au SB ymobileL

全体がガラス筐体で覆われる

また今回発売される可能性のあるiPhoneは全体がガラス筐体で覆われる可能性が非常に高いこともわかりました。

全体がガラス筐体で覆われるということはどういうことか?ということですが、全体をガラスで覆うことにより、おそらく強度や見た目の問題そして今回話題にあがっている非接触が可能ということにつながってくるのだと思います。

非接触が可能ということは、非接触状態で充電し易いのはガラス筐体だからです。

よってガラス筐体で覆われる可能性が高いわけです。

ちなみに次に発売されるiPhoneでは全体がガラス筐体ということかつすべてのモデルで非接触になる可能性が高いといわれております。

すべてのモデルで非接触になるということは非常に面白いですよね。

これに伴い非接触充電関係の株もあがるのかもしれませんね・・

非接触は数年前に流行りましたが、実際に今発売されているスマホで非接触を持っている人は非常に少ないです。

ということは業界全体が流行らなかったということなのかもしれませんが、今後はかなりこれに関しては期待したいと思いますね。

またAndroidでも非接触対応のモデルが多数発売されるかもしれません。

初回投稿日:2017年2月13日