ドコモ光 光回線のMVNOで 卸価格をドコモ優遇は禁止との方針 フレッツなどは高額に・・・

iPhone7 /Plusの予約はこちら
docomo ドコモ
au SB

ドコモが光回線とのセット割を以前発表しました。

その中でドコモ光といういわゆるフレッツ網を使ったドコモ光とスマホを同時に契約するとスマホの料金が下がるという仕組みです。

これと同じような仕組みはauのスマートバリューがそれにあたります。

スマートバリューに契約すると、auのスマホ料金が毎月1410円下がるというものです。

これと同様のサービスをドコモは行おうと思ってドコモ光とスマホの組み合わせで毎月の料金を下げるということを発表しましたが、総務省がそれに待ったをかけた形です。

NTT東西が光回線を持っているのでこれを大口で借りる(今回でいえばドコモにあたる)事業者に対しては当然ながら割引を行うものとされておりました。

NTTに関してもドコモなどが大口顧客になるわけで、値引きをして提供する予定だったでしょう。

それが今回総務省が待ったをかけたわけですね。

何故待ったをかけたのかというと、NTTグループの支配力が高まるからというのがその理由です。

いわゆる独占を禁止するということですね。

このサービスは当然ながらドコモユーザー及びNTTも恩恵を受けます。

このサービスが提供されるとドコモ光の契約者数も恐らく増えると思います。

私もこのサービスを使おうと思っていた一人です。

しかしながらこの総務省がとめたことで、ひょっとするとそれなりの価格をドコモ光に払う必要があるわけですね。

消費者としてはそれほど嬉しくないでしょう。

それでもNTTが持っている光の回線は全国各地に来ているので、実質NTTしか引けないという地域も多いはず。

そうなればある意味仕方ないのかもしれませんね。

ドコモ光の価格が発表

ドコモ光の料金プランが発表されました。

ドコモ光 料金プラン 光シェアで家族契約ではお得に 割引額がややこし過ぎる

あまり高額な割引とは思えません。

これならauのほうが断然いいですよね・・・

ドコモはこれでも割引を開始したといいたいところでしょうが、本当に残念です。

これなら逆にサービス開始を言わなくてもいいと思うのですが・・・

どうでしょうか?

わざわざ言って落胆させるっていう戦略でしょうか・・・

これではドコモもダメですよね。

 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加