ソフトバンクから MVNO 格安SIMに転出(MNP)する人が非常に多い現実 ドコモ一人勝ち状態に戻ったか

iPhone7 /Plusの予約はこちら
docomo ドコモ
au SB

ここ最近端末の価格が上昇したという記事がちょくちょく出てきていることを知っている人も多いと思います。

昔に比べてMNPをする人が非常に少なくなったということで、解約率に関しても各社結構下がっているということです。

ここ最近流行ってきているMVNOにMNPをする人の数もかなり増えてきたようです。

MVNOというのはいわゆる格安SIMと呼ばれるものですが、このMVNOは非常に安価に維持をすることが可能なのです。

その為現在の契約を切ってもMNPをしたいという人がかなり増えているということです。

ソフトバンクからのMNPが非常に増えてきた

ソフトバンクからのMNPが非常に増えてきました。なぜソフトバンクからのMNPが増えてきたのでしょうか。

おそらく個人的には以下のことが考えられると思われます。

ソフトバンクは若年層を中心に契約を増やしてきた結果収入の少ない若年層の小遣いもしくは給与を逼迫する恐れのある通信費に関しては出来るだけ削りたいという思いがあると思います。

そしてソフトバンク契約の人は若年層ということもあり、情報に関してはいつも敏感です。少しでもお得に契約出来るようなアンテナは常にONになっている人が多いのです。

その為格安SIMを選択すると安価に維持が出来るという人が非常に増えてきているのです。

よってここ最近はMVNOにかなりの顧客が乗り換えているという現状があります。

ソフトバンクは自グループでワイモバイルという安価なMVNOを持っているのですが、いまいちパッとしません。

それなりの価格がするので、やはりMVNOに流れているという人がかなり多いという現状があります。

MVNOに乗り換える人が多いとソフトバンクグループとしてはかなりの人が流出しているという現状があるのです。

iPhone7 XPERIA XZ 最新の機種購入はこちら

docomo ドコモ au SB ymobileL

ソフトバンクからのMVNO乗り換えはどういうことが起きる?

ソフトバンクグループからMVNOへ乗り換えるということは大半がドコモ回線を使うことになるということです。

ドコモ回線というのは、大半のMVNO会社に回線を貸しているのです。よってMVNOにユーザーが流れるということは基本的にドコモに回線利用料が入るわけです。

ソフトバンクからするとかなり厳しい結果ですね。

またソフトバンク回線の解約率は1%を超えており、ドコモは0.5%未満となっているようです。

となるとソフトバンク回線を解約してドコモ回線に流れるということのようですね。

実際にはドコモ回線に流れるというよりもMVNOに流れるというほうが正しいと思います。

MVNOは本当に維持費が安価だと感じる人が大半です。

それでもやはり気になるのは通信速度が非常に気になると思います。

iPhone7 XPERIA XZ 最新の機種購入はこちら

docomo ドコモ au SB ymobileL

LINEモバイルは通信速度が非常に早い

LINEモバイルは通信速度が非常に早いことで有名です。

LINEモバイルを利用している人はたいていの人が満足しているのです。

MVNO 格安SIM 通信速度が早い 速度比較 LINEモバイル ドコモの速度は当然ながら高速
格安SIMを利用している人もここ最近増えてきましたが、通信速度に関しては本当に気になるところかと思います。 それでは通信速度に関してi...

こちらにそのことを記事にしているのですが、非常に高速通信のようです。

キャリアの通信速度にまさるとも劣らない通信速度です。これはかなりいいのではないでしょうか。

個人的には今一押しはこのLINEモバイルです。

初回投稿日:2017年2月8日