ソフトバンク 回線で格安SIM 日本通信が提供開始 iPhone7 /Plus iPhone6sも利用可能に

ソフトバンクの回線を利用した格安SIMがついに発売を開始するようです。

ソフトバンクグループとしては格安SIMの運用に関しては、ワイモバイルがいるのです。ワイモバイルはソフトバンクグループの格安SIMを販売している会社として認識されており、たしかに毎月の料金に関してもかなり安価に契約をすることが可能です。

その為ソフトバンクグループとしては格安SIM会社に対して通信部分を貸すということをある意味渋っていました。そのソフトバンクがついに日本通信と合意の上、格安SIMの運用を開始すると発表したのです。

ドコモ回線がメインの格安SIM

現状の格安SIMというのはドコモ回線がメインです。

ドコモ回線を利用した格安SIMサービスというのはかなりでてきております。

ドコモ回線は接続料も安価ということもあり、ドコモ回線を利用したものがかなり多いのです。

SIMロックフリー 格安SIM MVNO メリット デメリット キャンペーン 格安スマホ 安い

こちらに格安SIMのことを触れているページがあるので、紹介したいと思います。このように格安SIMというものはどんどん増えてきているのです。

2016年にかなりの人が格安SIMを契約したと思います。

そんな格安SIMですが、ついにソフトバンク系の格安SIMを提供する会社が現れたのです。

iPhone8 iPhoneX XPERIA XZ1 最新の機種購入はこちら

docomo ドコモ au SB ymobileL

日本通信は一度断られている

日本通信は実は一度断られているのです。ソフトバンクは難癖をつけて一度断っているのですが、日本通信はそれは不当だということで、訴えてきました。それがついに通ったという感じです。

日本通信という会社はドコモ系の格安SIMの先駆者ともいえる会社となっており、格安SIM自体が出てきた時にはかなり世の中に認知させました。

当時はイオンSIMなどの発表し色々な新しい格安SIMを打ち出してきましたが、今では他社が色々出してきたことにより、かなり下火になってきております。

そんな日本通信ですが、ソフトバンクで攻勢をかけるようです。

現在ソフトバンク回線もかなり増えてきており、その大半がiPhoneを利用している人なのです。

その人達を取り込むという狙いもあると思います。現在iPhone6sあたりをつかっている人がそのままその格安SIMにMNPをすることが出来たら毎月の維持費はかなり下がると予想できます。

そういう顧客を狙っているのかと思いますね。ソフトバンクから発売されているiPhoneをそのまま利用することが可能ということもかなりのメリットかとおもいます。

色々なメリットが多いなかでソフトバンクが発売している機種を利用することが出来るということがメリットになっているのです。

おそらくこれは伸びていくことかと思いますね。

初回投稿日:2017年2月2日

ツールバーへスキップ