次期 iOS11 iOS12で32bitアプリが動作不可にiOS10.3で警告通知が表示される

iPhone7s /Plusの予約はこちら
ドコモは事務手数料無料
docomo ドコモ
au SB


今後iOS11では32bitアプリが動作しなくなるようです。

32bitといってもあまり馴染みがない人も多いと思いますが、32の次はたいてい64ということくらいを覚えておいたら問題ないと思います。

32bitというのは一昔前の主流だったというくらい覚えておいたらいいのではないでしょうか。

iOS10.3で32bitアプリが動作しない旨を通知

現在開発者及び登録ユーザー向けに10.3のバージョンが出ていますが、そのiOS10.3に32bitアプリが使えなくなる旨の通知を行うとおいうことです。

10.3のベータ版をインストール後にアプリを起動すると「今後のバージョンでは利用出来ません」というメッセージが出力されるようです。

結果的に古いアプリの排除が進むことが予想されます。

iPhone7 XPERIA XZ 最新の機種購入はこちら

docomo ドコモ au SB ymobileL

具体的なバージョンまでは不明

メッセージは今後のバージョンでそのような表示をさせるということだけで、残念ながらどのバージョンになっているのかはわかりません。

今のところ今後のバージョンでということでiOS11というところが濃厚のようですが、ひょっとすると12あたりになるのかもしれません。

現在iOS自体が64bit環境で動作しており、その他のハードウェアも64bitに対応していることから64bitへの完全移行というものを行いたいものと思われます。

32bitで開発されているかどうかなどは利用者にとってはどうでもいいことかもしれませんが、64bitへ完全移行するとそのアプリ自体の動作速度も早まる可能性が高いとして評価されるようになると思われます。

実際には開発者向けの表示のようですが、利用者は特に意識する必要がないでしょう。そして古いアプリの排除を定期的に行っていく可能性も十分考えられるわけです。

古いアプリの排除を行うこと自体はいいわけですが、少なからず利用者がいる可能性もあります。そのあたりはきっちり救ってほしいと思いますが、開発者が今後のバージョンには対応しないと言っている場合などは難しいかもしれませんね。

引用元:macrumors

初回投稿日:2017年2月2日追記