DIGNO W ディグノW 京セラ UQモバイル用 スペック 洗えるスマホ auのラフレと同等機種

iPhone7 /Plusの予約はこちら
docomo ドコモ
au SB

UQ mobileから新機種が登場しました。

UQ mobile製として発売されるということは、ここ最近UQ mobileがかなりがんばっている証拠でもあります。

そんな人に紹介したい機種はDIGNO Wという機種です。京セラ製の機種になるわけですが、京セラはニッチなニーズを取り込んだスマホをかなり発売していると思います。

auに対してはかんり京セラ製の機種を導入しております。京セラはKDDIに出資しているので、仕方ないといえば仕方ないわけですが・・・そんな京セラのDIGNO Wという機種を本日は紹介したいと思います。

スペック

カラー ブルー/ホワイト/ピンク
サイズ(幅×高さ×厚さ) 約71×142×10.4mm
重量 約159g
バッテリー容量 3,000mAh
充電時間 約150分(共通ACアダプタ05[別売]使用時)
連続通話時間 約1,300分(VoLTE)
連続待受時間 約760時間
対応SIM UQ mobile Multi IC Card 01
OS Android™ 7.0
CPU MSM8937/1.4GHz×4コア+1.1GHz×4コア
メモリ 2GB
ROM 16GB
外部 microSDXC™(最大200GB)
対応通信規格 4G LTE™ / WiMAX 2+
最大通信速度 受信150Mbps/送信25Mbps
ディスプレイ 約5.0インチ HD TFT液晶
カメラ メイン 約1,300万画素CMOS
サブ (イン) 約500万画素CMOS
撮影サイズ 静止画 最大4,160×3,120ドット(13M)
動画 最大1,920×1,080ドット(フルHD)
外部接続 Wi-Fi® IEEE802.11a/b/g/n/ac
Bluetooth® Ver.4.2
外部デバイス / その他 ステレオイヤホンジャック
耐衝撃/防水/防塵  耐衝撃(MIL-STD-810G Method516.7:Shock-Procedure IV)/
防水(IPX5/IPX8)/防塵(IP5X)
付属品 京セラTVアンテナケーブル04/
IC Cardトレイ取り出し工具(試供品)

スペックとしては至って普通といったところではないでしょうか。しかしながら防水性能が今回のこの機種は売りなのです。

防水性能に関してはかなりいいでしょう。

とにかく泡で洗えるスマホというものは本当にありません。そういうスマホはかなり少ないのではないでしょうか。というか基本的にないと思います。いわゆるコンセプトモデルなのです。

iPhone7 XPERIA XZ 最新の機種購入はこちら

docomo ドコモ au SB ymobileL

auからも同等の機種

rafre KYV40 ラフレ au 2017年 春 発売日 スペック 洗えるスマホ お風呂 防水

au版はこちらの機種となっております。基本的にはこちらの機種と同じですね。

ラフレというモデルの名称でauから発売されておりますが、UQ mobileではDIGNO Wという名称ですね。基本的にはほぼ同じものと思ってもらえるといいと思います。

仕様に関してもほとんど大差がないと思われます。

ここ最近格安スマホにおいてもこのように新しい機種が採用されるというのはかなり面白いですね。

少し前まではSIMフリーを使うだけでしたが、今はこのようなモデルを採用することで、かなりの売上にも貢献していることは間違いありません。

iPhone7 XPERIA XZ 最新の機種購入はこちら

docomo ドコモ au SB ymobileL

UQMobileから発売開始

2017年3月2日追記

ついにこの機種が発売開始になりました。DIGNOというのは京セラの機種ですが、日本では一定のニーズを捉えている機種かと思います。

個人的には京セラの機種というのはあまりイメージがわきませんが、URBANOなどの機種をここ最近発売しており、ビジネスの世界では持っている?会社から持たされているというほうが正解なのかもしれませんが・・・そういう人もかなり多いことは間違いありません。

UQ mobileは本当にここ最近かなりの数の機種を発売してきております。

やはりそれはauの子会社ということで、auもMVNOに力を入れようという現れなのです。

MVNOというのはUQ mobileのようないわゆる格安SIMを発売している会社になるわけですが、この格安SIMでも前はキャリアからすると敵対しておりました。

敵対していましたが、今では有効的に付き合うようになってきているのです。その理由というのはやはりトータル的に顧客を獲得するということです。au全体から見れば収益は下がるわけですが、それでもこのMVNOを利用してくれる顧客とはいえお金を払ってくれるお客さんなのです。

それはほっとかないということの現れなのでしょうね。個人的には非常にいいことだと思います。

もっともっとこのUQ mobileのようなMVNOが流行っていく世の中になっていくのでしょうね。

ソフトバンクとワイモバイルの関係のようにauとUQ mobileとは同様の関係を構築してほしいですね。

それでもドコモは自社ではMVNOの会社を持っていないので、OCNとかそういうところになるのでしょうね。

引用元:UQ mobile

初回投稿日:2017年1月27日