iPhoneX /Pro アイフォンエックス 2017 スペック 価格 予約 新機能 在庫 カメラ 発売日 新色

iPhone7s /Plusの予約はこちら
ドコモは事務手数料無料
docomo ドコモ
au SB

AppleからiPhoneX アイフォンエックスもしくはアイフォンテンが発売される可能性があるようです。

元々このiPhoneというのはPREMIUMモデルとして位置づけされておりました。

PREMIUMモデルとして位置づけされておりましたが、別のiPhoneということで登場する可能性が非常に高いということがわかりました。

iPhoneXという名称で発売されるかどうかわかりませんが、各社から予約を開始する予定

iPhoneXという名称で発売があるかどうかはまだわかりませんが、日本ではドコモ、au、ソフトバンクから発売される予定になっております。

docomo ドコモ

au

SB

こちらが各社のオンラインショップとなっております。オンラインショップでの購入は店舗での購入とは異なります。

基本的に発売日に自宅に届けてくれるのです。発売日に送付が開始されるわけではなく、発売日に自宅に届くのです。それは非常によくないですか?

iPhoneというのは発売日にほしいと思っている人もかなり多いのです。発売日にほしいと思っている人がいるということは、当然ながら発売日に自宅に届いてほしいと思っている人も多いわけですね。そういうことからオンラインショップを利用する人はかなり増えてきているのです。

発売日発送ではなく発売日に自宅に届くこれが一番の醍醐味かと思います。

ドコモ予約解説ページ

au 予約解説ページ

ソフトバンク 予約解説ページ

こちら予約に関する情報を掲載しております。

予約をして購入する人はぜひこちらを確認してほしいと思います。iPhoneXはかなり人気の機種になると思われますので、予約をして購入しないと購入出来ないと思われます。

iPhone7 XPERIA XZ 最新の機種購入はこちら

docomo ドコモ au SB ymobileL

iPhone7sは普通に発売される予定

このiPhoneXはどのような機能があるのでしょうか?

そして一般的なモデルというのはどのようなものが発売されるのでしょうか?

iPhone7sというのは普通に発売される予定になっているようです。普通に発売されるというのはiPhone7の後継モデルとして発売される予定になっているということです。

となるとiPhone7sに関しては今までと同じ型番の考え方として発売される可能性が非常に高いということになります。

iPhone7sは4.7インチモデル及びiPhone5.5のiPhone7sPlusとして発売される可能性が非常に高いわけです。

これらのスペックに関しては、現行のiPhone7よりもいいスペックになります。今回はワイヤレス給電などにも対応する可能性があるということで、かなり今から話題になっています。iPhone7sという名称のモデルの発売に関しても気になるところです。

iPhone7の後継モデルというだけで、おそらくそれほど変わらないと思います。見た目に関してもおそらく現行のiPhone7を引き継いだ見た目になると思われますね。日本で確実に人気の出そうなモデルというのがiPhoneXとなるわけです。

それではiPhoneXはどのようなモデルになるのか見ていきましょう。

iPhone7 XPERIA XZ 最新の機種購入はこちら

docomo ドコモ au SB ymobileL

iPhoneXはどのようなモデルになるのか

iPhoneXはどのようなモデルになるのかということですが、まずは有機ELの採用です。

有機ELというのは、実はまだ部材としては結構高い部材になっており、正直なところ一般的なスマホでは採用されているものが非常に少ないです。

GALAXYシリーズでは有機ELを利用しているので、GALAXYシリーズを持っている人は有機ELはそれほど珍しいわけではありません。

ただしXPERIAシリーズを持っている人は普通の液晶を搭載しているので、残念ながら有機ELの画面というわけではありません。

有機ELのメリットはなんなんでしょうか?ということですが、画面を曲げることが出来るというものです。

画面を曲げるということは、柔軟性のある画面ということです。柔軟性かつ有機ELは自分自身が発光するので、照明いわゆるバックライトが不要です。

このあたりもかなりのメリットとなります。

それと今回は5.8インチというかなり大きな画面になると予想されております。

また全面ディスプレイになるとも報じられているのです。全面ディスプレイとは非常にかっこいいですね。GALAXY S8で全面ディスプレイに対応するということで、かなり斬新な形にしてきましたが、それらを継承するのかもしれません。

こちらがGALAXY S8に採用される側となっており、このようにボタンがないようになる可能性も十分に考えられるわけですね。

これはかなり面白いと思いませんか?

続いて顔面認証というものが採用されるかもしれません。顔面で端末の認証をロックする可能性があるというものです。

こういうものが採用されるとかなり楽になりますよね。個人的には非常にいいと思います。

iPhone7 XPERIA XZ 最新の機種購入はこちら

docomo ドコモ au SB ymobileL

スペックは今まで通り

スペックに関しては今まで通りになるとも報じられております。スペックは今まで通りというのは、iPhone7sとスペック的にはさほど変わらないということになるということです。

スペックが現行のiPhoneに従っているということは、ある意味当然といえば当然かもしれません。

iPhone7sも同時に発売するということは、iPhone7sが廉価版という位置づけになるのかもしれませんが、世界的にはやはりiPhoneXが売れることは間違いないと思います。

iPhoneの最上位モデルが発売されるとiPhone7sはそれほど売れないのではないでしょうか。しかしながらおそらくどこかiPhone7sでも魅力的な何かを搭載してくる可能性もあるので、今のところはなんともいえません。

また有機ELに関してはiPhone7sでは採用されないといわれております。その理由は有機ELの部材の問題です。

部材の問題というのは、今から有機ELを大量に生産出来るだけの工場がないという問題もあるようですね。

今後iPhoneが有機ELを採用することにより、全世界のスマホメーカーが有機ELを求めるようになることは間違いありません。

そうなると有機ELを採用している機種というのはかなり増えてくると思われますね。

非常に楽しみです。

iPhone7 XPERIA XZ 最新の機種購入はこちら

docomo ドコモ au SB ymobileL

コンセプト画像が出てきた ベゼルレス

iPhone8 iPhoneX アイフォンX コンセプト画像が美しい 薄型 シンプル 縦型カメラ

こちらの画像を見てもらいたいのですが、かなりキレイなコンセプト画像です。

かなりいいと思います。

かっこいいですよね。カメラが縦置きのデュアルカメラになる可能性が高いということに関しもこちらの画像を見てもらえればわかると思いますが、そのとおり再現されております。

これが実現されるとかなり売れることは間違いないとおもいますが、気になるのはベゼルレスすぎるということです。

相当ベゼルレスになっていると思いませんか?

ここまでベゼルレスになっていると少しどうなの?と思います。持ちにくくならないの?となってしまうわけですが、おそらく本体が出てきた時にはもう少し持ちやすくなってきているのではないでしょうか。しかしながらEDGEスタイルになる可能性もあるということで、実際にはベゼルレスのような形になるのかもしれません。

まさにGALAXY S7 EDGEのようになる可能性も十分に考えられるわけです。

それはそれでかっこいいからいいのですが、今回iPhoneXという新しいiPhoneが発売されることが浮上してきたので、市場はかなり盛り上がるものと思われます。

iPhone7 XPERIA XZ 最新の機種購入はこちら

docomo ドコモ au SB ymobileL

iPhoneXのコンセプトムービー

2017年2月3日追記

iPhoneXのコンセプトムービーが出てきました。

iPhone8 iPhoneX?のコンセプトムービーが登場 全面ディスプレイで非常にかっこいい

こちらがそれを掲載している動画になっております。

コンセプトムービーでは全画面がディスプレイになっております。

やはり今回発売されるiPhoneは全面ディスプレイになるのでしょうか?

ベゼルがなくなるということは個人的にはかなり嬉しいです。ベゼルがあるスマホというのは持ちやすいのですが、筐体が大きすぎる可能性が非常に高いわけです。

筐体大きくなると大画面のiPhoneが出てきた時に胸ポケットに入りにくくなります。

今回は5.8インチほどの画面サイズになるということで、そのあたりが非常に気になるところですね。ただし下のボタンのところまで画面がくるとそれはそれで中に入っていくわけなので、問題ないような気もします。

中に入るというのは、iPhoneのボタンを押す部分です。それが画面の中に吸収されるのであれば、実質5.8インチだったとしてもiPhoneのPlusと基本的にはサイズは同じになると思われます。それくらいのサイズ感なら問題ないでしょうね。個人的にもこのiPhoneはかなりオススメしたいと思います。

iPhone7 XPERIA XZ 最新の機種購入はこちら

docomo ドコモ au SB ymobileL

iPhoneXの価格は1000ドルを超える?

iPhoneは10周年モデルを迎え 高級路線に 1000ドルを超える価格も 日本では12万ほどに

iPhoneXは日本円で12万円ほどになると予想されております。

かなり高額な機種になっていることは間違いありません。やはり有機ELの部材の価格がまだ高いということが原因の一つかと思います。

今回iPhoneは有機ELを採用するといわれており、その部材が非常に高いわけです。部材が高いということで本体の価格も高額になるというものです。

現行の液晶に比べて有機ELに変更するだけで2倍のコストがかかるといわれております。有機ELは確かに高いと思いますが、GALAXYシリーズにはずっと有機ELが採用されております。

そういうことを考えるとそのあたりに価格は合わせてくるような感じもあります。

今のところ価格はiPhoneXだけずば抜けて高くなる可能性が非常に高いということは覚えておきたいところですね。

それにしても価格が高いということは購入をためらう人も出てくるでしょう。確かにいい機種になることは間違いありませんが、端末の価格だけはどうすることもできません。

端末価格が値上がりするということは本当に消費者にとっては辛いところですが、それだけ高性能な機種として捉えるとある意味仕方ないことなのかもしれませんね。

今回発売されるiPhoneX以外にもiPhone7s及びiPhone7sPlusという機種は発売されるといわれており、そちらの機種を選択することで少しは安価に価格を抑えることが出来ると思われます。しかしながらあえて低価格モデルを選択する人は少ないでしょうね。どうせ買うなら高級なモデルを選択する人が多いと思われます。

iPhone7 XPERIA XZ 最新の機種購入はこちら

docomo ドコモ au SB ymobileL

iPhoneXは5インチのiPhoneに?

2017年2月13日追記

iPhoneXはひょっとすると5インチのiPhoneになるかもしれません。

5インチのiPhoneというとあまりピンとこないかもしれmさえんが、iPhoneの4.7インチモデルを全面ディスプレイにしたらそれくらいの大きさになるのです。

iPhone7 後継モデルでは5インチ モデルが登場? ガラス筐体 非接触充電が出る?

こちらの情報になりますが、5インチモデルが発売されるかもしれないという情報です。

よって今回の最新の情報というのはiPhoneXは5インチモデルとして登場するかもしれないということです。

5インチモデルとして発売されると他のモデルは4.7インチ、5.5インチモデルとなる可能性が非常に高いわけです。

今回の情報では4.7インチのiPhoneが5インチの全面ディスプレイモデルとして有機ELを搭載してくるかもしれないというのが最新の情報になっているのです。

またiPhoneに関しては残念ながら非常に高い価格帯になるといわれており、1000ドルを超えるとも言われております。

かなり価格は高いですね。そんな価格になる可能性があるiPhoneですから、5.8インチとして期待したかったですね。

それでも今回の最新の情報では4.7インチ、5インチ、5.5インチの3つのモデルが発売される可能性が非常に高いということです。

そうなればかなり楽しみなことは間違いありません。iPhoneを待っている人は非常に多いわけで、3つの画面サイズのモデルが発売されるということで、それをすべて購入したいと思っているユーザーもかなり多いのです。本当にそう考えると楽しみですよね。

iPhone7 XPERIA XZ 最新の機種購入はこちら

docomo ドコモ au SB ymobileL

全モデルでQiが搭載予定?

今回発売されるiPhone 2017年モデルでは前モデルにQiが採用される可能性が非常に高いです。Qiというのはワイヤレス給電のことで、無接点で充電をすることが可能になっております。

無接点充電というのは、日本ではおくだけ充電という名称でかなり売れた機種もあったようですが、ここ最近無接点充電を搭載している端末というのは非常に少なくなってきました。

少なくなった原因というのは、おそらく思ったより販売台数が伸びなかったということや外出先では結局ケーブルで充電をする必要があったことによるものかと思われます。

確かに外出先ではケーブルでの充電を行う人がほとんどです。会社に無接点充電をおいている人はあまりいませんからね・・・そういうことを考えると無接点充電に関しては、まだ日本市場ではそこまで広がっているわけではないように思います。

当然世界でもそれほど広まっているとは思えません。そういうことを考えるとこの無接点充電というのは、非常にこれから伸びしろのある充電方式になると思われます。

ただし残念なことに専用台は付属されないという報道もあります。専用台が付属されないということは非常に残念なことかと思いますが、専用台を製造しているメーカーにとってはかなりのチャンスなのです。

無接点充電をiPhoneで採用しようとすると今後も間違いなくほかのメーカーも同様の無接点充電を採用した機種を色々発売してくれると思われます。

そうなれば無接点充電というのが、一般的な充電方法ということになり、これから先充電方法が大きくかわるかもしれません。

今でも自動車のオプションなどには無接点充電などを付けることが出来るオプションなどを採用しているところも多く、それが今後は標準装備になっていくかもしれません。

標準装備になるくらいまで普及すると大したもんですが、無接点充電は本来ならあるとかなり便利なのです。

その便利な機能を利用しない手はないわけですが、まだまだ普及していないので、そこまで便利さは感じません。それこそiPhoneで採用されると間違いなく便利だと思う人は増えてくると思いますので、そうなったときに便利さがわかるでしょうね。

iPhone7 XPERIA XZ 最新の機種購入はこちら

docomo ドコモ au SB ymobileL

2017年3月時点での情報

2017年3月6日追記

2017年3月時点での情報ですが、iPhone8というのは5.8インチモデルとして発表される予定になっております。

今回発売されるのは、iPhone8ということになるのかもしくはiPhoneXひょっとするとiPhoneProという名称になるのかもしれません。

iPhone8は5.8インチの大画面モデル 有機ELが採用されることは間違いなし?

こちらが最新の記事となっております。iPhoneXという名称で発売されるかどうかはまだ未定ですが、大画面のモデルとして発売されるということは間違いないと思います。

大画面モデルは日本では非常に人気のあるモデルとなっており、大画面であるからこそ日本ではかなり売れるのでは?と予想しております。

iPhoneProという名称かiPhoneXという名称に関しては名称の問題だけなので、実際にどの名称で出てきても問題はないでしょう。

iPhone7 XPERIA XZ 最新の機種購入はこちら

docomo ドコモ au SB ymobileL

発売は同時に行われるが、在庫はほとんどない予定?

2017年3月24日追記

iPhone8かiPhoneXかそのあたりの名称はまだわかりませんが、同時に発売されるということで間違いないと言われております。

iPhone8は9月にiPhone7s /Plusと同時発売 PREMIUM Edition X など名称は何に?

こちらの記事も見てもらいたいのですが、iPhone7sとは同時に発売される見込みとなっております。

同時発売ということは、本当にいいと思いますね。

それでも在庫が確保出来ないとも言われており、在庫不足で悩まされたジェットブラックのようでした。ジェットブラックはまだ一部店舗で時間がかかるとも言われております。

ひょっとするとそのようなことも十分考えられます。2017年9月に発売が開始されますが、年越しでもまだ在庫がないなんてことが十分に考えられるわけです。

そうなれば本当に辛いところではありますが、iPhone7sに関しては本当に売れるのでしょうか?ある意味有機EL採用モデルが通常モデルとなっており、明らかに廉価版扱いになるiPhone7sだと思いませんか?

おそらくスペックの底上げは当然ながら行われると思われますが、目新しい見た目が変わるなんてことはあまり考えられません。

このところiPhoneは見た目の変更がiPhone6からほぼ行われておりません。機能が強化されているので、消費者としてはそれほど問題はありませんが、やはり見た目の変更というのはほしいところではありますよね。

初回投稿日:2017年1月23日