次期 Apple iMac アイマック 2017年 スペック 発売日 VR対応 価格 仕様

次期iMacが今後発売される予定になっているようですが、スペックはかなりの向上を行うようです。

SS 2017-01-16 7.26.56

Macといえばどちらかといえばノートをイメージする人も多いようですが、実際にはiMacのようなデスクトップを利用する人もかなり多いのです。

デスクトップ型のほうが操作性などに優れており、自宅で作業を行う人にとってはかなり有効的なガジェットなのです。

そういう意味でもデスクトップ型を購入しようと思っている人も多いと思います。

CPUの能力が向上

CPUの能力が2017年モデルではかなり向上すると予想されております。

Kaby LakeというCPUを搭載するということはほぼ間違いないと伝えられております。

Kaby LakeというCPUはIntel製のCPUですが、かなり能力が高いCPUとなっております。ただしこのKaby Lakeの供給からすると実は今春の発表はないと思われます。

早くても7月頃の発表になると思われますが、CPU能力の向上というのはMacを触る人にとってはかなり重要なことだと思います。

音楽作成や画像や動画を作成している人が多いので、そういう人達は間違いなくCPUの能力を気にするのです。

それでも実はMacに関してはすでにかなり動作速度は早くなっており、現行のMacでも普通の事務処理は全く問題有りません。それでもどうしてもレンダリングなどを行う上ではそれなりのCPU能力というのは必要になるわけです。

そういう意味ではかなり楽しみにしている人も多いことは間違い有りません。

それ以外にもRAM容量の拡大があります。32GB以上のRAMが採用されることもほぼ間違いないと思われます。

RAMも大容量になるということは、作業性のアップなども十分考えられるわけです。RAMが大容量になることで、先程話しましたような作業効率が飛躍的に向上するのです。

それはかなりありがたいことだと思います。

またVRにも対応するとも言われており、非常に楽しみなこと間違い有りません。ということはグラフィックカードの強化なども図られているわけです。

事務処理を行う人にとってはそのあたりはあまり問題ないかもしれませんが、グラフィック系の人にとってはグラフィックカードの能力向上というのは非常にいいことだと思います。

iPhone8 iPhoneX XPERIA XZ1 最新の機種購入はこちら

docomo ドコモ au SB ymobileL

Windowsパソコンの比ではない

正直なところWindowsパソコンの比では有りません。Windowsパソコンは比較的安価なものから発売されておりますが、正直なところここまでハイスペックならWindowsパソコンでは到底太刀打ちできません。

通常の事務処理にMacを利用するのは本当にもったいないと思います。

Macは本当にクリエイターの域に十分入っていると思います。WindowsパソコンはOSの問題なのかもしれませんが、動作速度などはやはりMacには及ばないことが多いと思います。

このようにMacの世界ではクローズされた環境ではありますが、クリエイターが喜ぶようなスペックを発売してくるということは非常にいいと思います。

本当にこれは楽しみですよね。価格のことを言い出せばきりがありませんが、本当に素晴らしいものを提供してくると思われます。

初回投稿日:2017年1月16日

ツールバーへスキップ