スマホの価格が高い MVNO 格安SIMで 毎月の維持費を下げる 初期費用はどれくらい?

iPhone7 /Plusの予約はこちら
docomo ドコモ
au SB

スマホの価格が高いと思っている人もかなり多いと思います。

スマホの価格及び通信費、通話料に関しても本当に高くなりました。

このように高くなったので、毎月の維持費を下げて使いたいと思っている人というのはかなり多くいるはずです。

やはりそういう人にオススメしたいのはMVNOと呼ばれる格安SIMです。この格安SIMですが、毎月の維持費を2000円以下に抑えることが可能なのです。

今みなさんどれくらい毎月の携帯の料金を払っていますか?

一般的な人の毎月の携帯の維持費

一般的な毎月の携帯電話の維持費ですが、どれくらいでしょうか?

おそらく一般的な人なら以下の維持費くらいでしょう。

1700円
300円
5000円

これで5分間の無料通話+インターネット利用料金と5GBまで高速に使える通信費込です。

これで約7000円といったところではないでしょうか。

結構高額ですよね。それに消費税ということになるので、7560円といったところでしょう。

毎月の維持費としてはかなり高額だと思いませんか?

ということでこの通信費のトータルを下げたいと思っている人もかなり多いと思います。

それでは毎月の維持費は格安SIMに変えることでいくらくらいになるのでしょうか?

一般的な格安SIMの料金

一般的な格安SIMの料金

1500円前後(毎月5GBまでの高速通信)
500円〜1000円(通話)

毎月これくらいの価格だけですむのです。

これが一般的な格安SIMでの通信費及び通話にかかる費用です。

通話に関しては30秒で20円ほどかかるのが一般的な通話料となっております。

それだけ考えるとそれなりの価格ですが、トータルで考えると結構安価に抑えることが可能になります。

iPhone7 XPERIA XZ 最新の機種購入はこちら

docomo ドコモ au SB ymobileL

オススメ格安SIM

LINEモバイル

イオンスマホ

とくとくBB

これらのSIMが結構今は安価に運用することが可能になっております。

LINE モバイル Facebook LINE インスタグラム ツイッターなどの通信制限がなし

イオンモバイル 違約金発生なし MVNO 格安SIM メリット スペックは? 価格は?

GMOのとくとくBB 格安SIMで通信費を抑える 今一番安いプラン MVNOが安い

こちらが各社のSIMを紹介しているページです。

どれもそれなりに安価に所持することが可能になっております。

iPhone7 XPERIA XZ 最新の機種購入はこちら

docomo ドコモ au SB ymobileL

格安SIMへの乗り換えでの注意点は?

キャリアのメールアドレスが使えないことがあげられると思います。

キャリアのメールアドレスというのは@docomo.ne.jpとかいうものです。

それが使えません。

続いて昼12時〜13時までの通信が非常に遅く感じます。

一応キャリアは自社回線の人を優先しているのかこの時間帯はとにかく遅く感じます。

実はそれくらいです。それ以外は特に気になることもさほどありません。

昼休みの時にスマホをあまり使わないというのであれば、この選択肢は十分ありえるかと思いますね。

一度検討してみてはどうでしょうか。

初回投稿日:2016年12月20日