SnapDragon 835 スナドラ835 CPUの能力がA10 iPhone7に採用されているCPUより上回る結果に

iPhone7s /Plusの予約はこちら
ドコモは事務手数料無料
docomo ドコモ
au SB

SnapDragon835というQualcommのCPUを知っている人も多いと思います。

すでに量産体制に入っているといわれており、次期GALAXY S8やXPERIAなどにも採用するといわれているCPUです。

このCPUの能力が本当にすごいということが明らかになりました。

A10よりも能力が高い

このCPUというのは、消費電力が40%削減され、処理能力は27%向上していると言われております。

そしてこのCPUというのはantutuベンチマークで181434点を獲得したと言われております。

そしてAppleから発売されているiPhone7Plusにおいてもこのantutuベンチマークを取った結果は172644点となっており、SnapDragon835のほうが優れているという結果になったようです。

ちなみにSnapDragon820を搭載した現行のスマホならどの程度のベンチマークスコアになるのでしょうか。

こちらに一例を紹介したいと思います。

これらの機種に搭載されているCPUはSnapDragon820というCPUで現行ではかなり高速のCPUとなっております。

こちらの機種を見てもらえればざっくりですが、SnapDragon820のCPUの能力がわかると思います。GALAXY S7 EDGEで14万を超えるスコアとなっており、それでも非常に高いわけですが、SnapDragon835というのは更に高いベンチマークの結果になっているわけです。

iPhone7 XPERIA XZ 最新の機種購入はこちら

docomo ドコモ au SB ymobileL

GooglePixelに搭載されているCPUが現行では最新

ほとんどのスマホの最新で搭載されているCPUというのはSnapDragon820というCPUですが、GooglePixelで搭載されているCPUというのはまたそれより上のCPUとなり、SnapDragon821というCPUになります。

Pixel /XL ピクセル Google純正の スマホ 日本 スペック 価格 値段 発売日は?

こちらがPixelを紹介しているページとなっておりますが、更にCPUの能力としては高いですが、日本での購入はネット販売しかできません。

そういう意味でもこのPixelというのは、日本ではレアな端末です。SnapDragon835というCPUは今後日本でもかなりの機種に採用される見込みになっており、非常に楽しみなこと間違いありません。

iPhone7 XPERIA XZ 最新の機種購入はこちら

docomo ドコモ au SB ymobileL

SnapDragon835は非常に高性能

今回製造プロセスが10nmとなり、非常に綿密に製造されることになりました。

SnapDragon820と比較しても当然プロセスルールが10nmとなり、バッテリーの消費量もかなり抑えられるということです。

バッテリーの消費という観点からすればスマホの場合基本的にバッテリー駆動です。そのバッテリーへの負担が今よりも減るということは、バッテリーの減りの早さにもつながるわけです。

今までよりバッテリーが早く減らないということは非常にいいことですよね。

今回はSnapDragon820に比べて835になり、クアッドコアからオクタコアに増えたこともいいことだと思います。

SnapDragon810でオクタコアを採用しておりましたが、その後クアッドコアになり、その後またオクタコアに戻ってきたということです。

オクタコアのCPUというのはパソコンの世界では一般的になっておりますが、スマホの世界でもそのようになるということは非常にいいことですね。

今回は新世代のKryo 280もとを中心にオクタコアになりました。

急速充電技術に関してもクイックチャージ4というものに対応し、クイックチャージ3と比較して最大20%高速に効率よく充電をすることが可能にあります。

0%の状態から15分で50%まで充電が可能になるという非常に素晴らしい機能を備えたCPUとなっております。

本当にこのCPUには期待している人も多いでしょうね。

引用元:iphone-tech

初回投稿日:2016年12月13日