Xiaomi Mi6 スペック SIMフリー 日本 価格 仕様 クーポン 購入可能 フラッグシップモデル

iPhone7s /Plusの予約はこちら
ドコモは事務手数料無料
docomo ドコモ
au SB

XiaomiのMi6という機種が今後発売される可能性が高いので、その機種に関して紹介したいと思います。その後Xiaomi Mi6が発売されました。すでに海外サイトでは購入することが可能となっております。

Xiaomi Mi6こちらから購入が可能です。

XiaomiのMiシリーズというのは、Xiaomiのフラッグシップモデルとなっており、スペックとしては非常に高いです。

それではどれくらい高いのか?ということですが、フラッグシップモデルというだけあり、当然ながらGALAXY S8やLGのG6などと同様にスペックとしてはかなり高くなる可能性が十分に考えられます。

Mi6のスペック予想

それではまずは現行のMi5のスペックを見てみたいと思います。

大きさ 144.55×69.2×7.25mm
重さ 129g
OS MIUI 7 (base on android 6.0)
CPU Qualcomm Snapdragon 820 1.8Ghz 64bit Quad Core
RAM 3GB
ROM 32GB
画面サイズ 5.15インチ
解像度 1920×1080ドット
カメラ 1600万画素/400万画素
Wi-Fi 802.11 a/b/g/n/ac
ネットワーク 2G: GSM 850/900/1800/1900MHz
CDMA 1X BC0/BC1
3G: WCDMA 850/900/1900/2100MHz
TD-SCDMA B34/39
CDMA 2000 bands BC0 / BC1
4G: FDD-LTE B1/3/7
TDD-LTE B38/39/40/41
カラー ブラック、ゴールド、ホワイト
その他 3,000mAhバッテリー、USB-C、A-GPS

こちらがMi5のスペックとなっております。実はこのMi5という機種は私も持っておりますが、かなり高速に動作し、スペックだけでいうとXPERIA X PerformanceやXPERIA XZとほぼおなじです。

実際にベンチマークを走らせたところ、実はこちらの機種のほうがXPERIA X Performanceよりも高かったです。

このように非常にいいスペックになっていることがわかると思います。

こちらにまずはMi5の情報を掲載しておきたいと思いますが、当然ながらこれより高い能力で出てくることは間違いありません。

となるとまずは以下の箇所が変更になるかと思われます。

Mi6のCPUはSnapDragon835という最新のCPUが採用される可能性が非常に高いと思われます。

続いてRAMですが、こちらは4~6GBの間で出てくるでしょう。

ROMに関しては64GBくらいのROMの大きさになると予想されております。

カメラの画素数は2000万画素以上のカメラになるのではないでしょうか。

画面サイズは5.2インチ程度かとも思います。

iPhone7 XPERIA XZ 最新の機種購入はこちら

docomo ドコモ au SB ymobileL

Xiaomiにフラッグシップモデルはコンパクトさが売り

Xiaomiのフラッグシップモデルというのはコンパクトさが売りかと思います。

XiaomiのMi5もそうですが、かなりコンパクトです。

ポケットにも入れやすく5インチを超える大画面にも関わらずかなり持ちやすく非常にいい機種という印象ですね。

本当にこれが日本で発売されるのであれば、かなり売れると思われますが、日本のキャリアの取扱というものはありません。それはそれで本当に残念ですよね。

iPhone7 XPERIA XZ 最新の機種購入はこちら

docomo ドコモ au SB ymobileL

MVNO 格安SIMとの組み合わせがお得

やはり格安SIMとの組み合わせというものが非常にお得です。

格安SIMというのは、とにかく安く維持することが可能です。

安く維持したとしてもスペックとしてはかなり高めのスペックを採用しているので、動作速度難ありということにはならないと思います。

イオンモバイル

とくとくBB

こんなものが非常にいいと思いますね。

これらのものを利用することにより、本当に安価に購入することが可能になるかと思われます。

ぜひこれは検討してほしいと思います。

iPhone7 XPERIA XZ 最新の機種購入はこちら

docomo ドコモ au SB ymobileL

いつ頃発表?

発表に関してはおそらく2017年2月頃になるかと思われます。

CES2017くらいでの発表になるかと思われます。GALAXY S8シリーズの発表もおそらくその頃になると思われますので、その頃に合わせての発表となることはほぼ間違いないと思われます。

日本でのキャリアからの取扱がないことが非常に残念ですが、量販店や海外サイトなどを通じて購入することは可能です。

ぜひ検討してほしいですね。

http://www.banggood.com/このようなサイトでも間違いなく発売されることになるかと思われます。

その時はぜひこういうサイトを検討するのが一番オトクに購入することが可能です。

iPhone7 XPERIA XZ 最新の機種購入はこちら

docomo ドコモ au SB ymobileL

最新のCPU搭載の予定

最新のCPUである、SnapDragon835を紹介したいと思います。

SnapDragon835 GALAXY S8 Xiaomi Mi6などに搭載 ハイスペックスマホに搭載予定

こちらに最新のCPUの情報を掲載しておきます。

こちらのCPUとなっており、オクタコアを搭載する予定になっているようです。

オクタコアCPUというのは、当然ながらかなり動作速度が早いことが特徴です。

Kryo200というものを採用しており、現行のSnapDragon820がクアッドコアということを考えると、それよりも当然ながら動作速度は上になると予想されております。

かなり楽しみな機種になることは間違いないと思いますね。

iPhone7 XPERIA XZ 最新の機種購入はこちら

docomo ドコモ au SB ymobileL

その後Xiaomi Mi6が発売されました。

大きさ 145.1×75.0×7.04mm
重さ 182g
OS MIUI 8
CPU SnapDragon835
RAM 6GB
ROM 64GB/128GB
画面サイズ 5.15インチ
解像度 1920×1080ドット
カメラ 1200万画素x2/800万画素
カラー ブルー、ホワイト、ブラック
Wi-Fi 802.11 a/b/g/n/ac
その他 3350mAhバッテリー

こちらがスペック表になっております。スペック的にはかなりいいものに仕上がっています。カメラがなんといっても素晴らしいですよね。

カメラに関してはかなりいいと思います。今回はデュアルカメラを搭載したことにより、相当よくなっていることは間違いありません。デュアルカメラというのは昨今本当に流行りですからね。

すでに購入することも可能です。

最新 ハイスペック SIMフリースマホが 安価に発売 クーポンでお得に買える
海外サイトでクーポン・キャンペーンを実施しております。 いつものことながらこちらのサイトでの購入はかなりお得なので、ぜひ検討してほしい...

こちらから購入することが可能となっており、かなりお得に購入することが可能です。

Xiaomi Mi 6 6GB RAM 128GB ROM BRIGHT BLUE
倉庫:China
クーポンコード:GBofertaM
価格:72304円
数量:192
期限:5月31日
旧価格:75984円

Xiaomi Mi 6 6GB RAM 64GB ROM PHOTO BLACK
倉庫:China
クーポンコード:GBofertaM
価格:64118円
数量:192
期限:5月31日
旧価格:65129円

このあたりのクーポンを活用することで安価に購入することが可能になっております。

発売されたばかりなだけにほしいとおもっている人は間違いなく多くいると思われます。

ぜひこちらは検討してほしいですね。

iPhone7 XPERIA XZ 最新の機種購入はこちら

docomo ドコモ au SB ymobileL

海外製品に期待ただし日本製品の売上は少なく・・・

このところ海外製品の発売に対して期待をもっている 人もかなり多いのではないでしょうか。海外製品というのは日本ではプラスにも受け取られることもありますしマイナスに受け取られることもあります。今の段階では日本人というのは日本製品に関してはわりと信頼性が非常に高いような気がします。

日本製を買うということは日本人にとってもある意味ステータスなのです。

スマホも本来なら日本製を買いたいところ・・・と言いたいところですが、実はパソコンの世界でもNECや富士通は日本市場ではかなり縮小しております。

昔はNECのパソコンというのは結構なブランドがありましたが、今ではそのブランドがかなりなくなってきております。むしろDELLやHPなどの海外のパソコンが結構日本の市場でも賑わせております。それくらい海外製というものが日本に入ってきたのです。それはそれで別にいいことだと思われますが、日本製品がそういう技術的分野から撤退もしくは縮小していくことって非常に悲しいことではないでしょうか。

昨今のシャープにしかり、東芝問題などもそうです。技術大国と言われた頃が非常に懐かしいと思われます。昨今では産業時間がどうのこうのなど色々国が口やかましく言ってくるので、企業としてもなかなかそういうところは難しいのかもしれません。

いわゆる働き方改革などと色々呼ばれるようになって、日本企業としてはかなり窮地かもしれません。それでも海外製品のほうが安くていいものが多いということはもうすでに既知の事実となっていることは間違いありません。

このように海外製品というのは日本にかなり浸透してきているのです。逆にこのXiaomiというメーカーが日本ではそれほど浸透していないということがなんで??と思うくらいですね。実はそれくらいこのMi6という機種はいい機種なのです。

Xiaomiのようなメーカーが逆に日本で紹介されるような時代になったことだけでもかなりすごいことなのですが、本来ならこのような機種はもっと日本で販売してほしい反面日本企業が正直なところ勝てるような気がしません。そういうことを考えてみてもスマホというのはこのような海外製品にかなり押されていることは間違いありません。もう少し日本もがんばってもらいたいところですよね。

初回投稿日:2016年11月30日