Qualcomm SnapDragon835 Samsungの10nmで量産スタート 2017年 前半には登場?

iPhone7 /Plusの予約はこちら
docomo ドコモ
au SB

Qualcommが現在SnapDragon835という最新のCPUに向けて量産を開始していると発表しております。

このSnapDragon835というのは、まだ世界的に採用している機種は一つもありませんが、すでに量産を開始しているということは、2017年の上旬くらいから出て来る可能性も高いですね。

SnapDragonとは?

そもそもSnapDragonというのは、Qualcommというメーカーが製造しているモバイル向けのCPUや通信モジュールをセットにしたものです。

それの型番が835という型番なのです。現在821という型番まで出ており、GooglePixelという機種に採用されております。

まだ821が出てから間もないところなので、それもまだ投入している機種は非常に少ないと思われます。

また次に出てくるSnapDragon830というCPUですが、こちらはSamsungから発売されるGALAXY S8やLGのG6にも採用されるものと思われます。

そしてXPERIAシリーズにも採用されるでしょう。

iPhone7 XPERIA XZ 最新の機種購入はこちら

docomo ドコモ au SB ymobileL

SnapDragon835は最新のCPUに

現在出ている型番からするとSnapDragon835というのは最新のCPUになることは間違いありません。

このCPUは10nmという非常に細かいプロセスで製造されていることも考えると、かなり性能アップが見込めます。

基本的にこの10nmとか14nmとかいうものは細かいほど省電力に優れていると言われておりますが、細かすぎると技術的に製造することが難しいということなのです。

今回のSnapDragon835を製造するにあたって10nmになったことによる恩恵は14nmに比べて27%性能アップで40%の消費電力を下げられるようですね。

また本体の大きさも30%ほど小さく作れるということで、メリットはかなり有るものと思われます。

iPhone7 XPERIA XZ 最新の機種購入はこちら

docomo ドコモ au SB ymobileL

2017年上期から下期にかけて楽しみ

2017年の3月頃に発売されるモデルの大半はSnapDragon830というものかと思いますが、それ以降に発売される予定のものに関してはSnapDragon835になる可能性も十分に考えられます。

このようにSnapDragon835になることにより、かなりの話題性もあると思いますね。

SnapDragonというのは、本当にどこのスマホにも採用されているので、スペック表を見る力があればある程度わかる人も多いはずです。

一度自分でスペック表をみてもらえればと思いますね。

初回投稿日:2016年11月18日

 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加