LG G6 スペック 予想 発売日 日本 ドコモ au isaiシリーズ? 虹彩認証

iPhone7 /Plusの予約はこちら
docomo ドコモ
au SB

LGのG6の予想を行いたいと思います。

LGはフラッグシップモデルとしてGシリーズという機種を発売しております。

Gシリーズは日本でも当時発売されておりましたが、今はGシリーズとしては日本では発売されておりません。

それが非常に残念な話なのですが・・・Gシリーズは当時日本で発売された時は割りとマニアックな人を中心にかなり売れた機種でした。

ただし当時はMNP一括0円にわりとすぐになるなど、ちょっとさびしい感じもしましたが、GシリーズはSamsungに並ぶくらい非常にいい機種に成長していることは間違いありません。

まずはG5のスペックを見ていきましょう

大きさ 149.4×73.9×7.3mm
重さ 159g
OS Android6.0.1
CPU Snapdragon 820 クアッドコア
RAM 4GB
ROM 32GB
画面サイズ 5.3インチ
解像度 2560×1440ドット
カメラ 1600万画素/800万画素
カラー タイタン、ゴールド、ピンク
その他 2800mAhバッテリー

こちらがG5のスペックとなっております。G5のスペックですが、SnapDragon820を搭載し非常に高いスペックとなっております。

このSnapDragon820というのは日本でもXPERIAシリーズに搭載されるなどかなり人気の機種の一つでした。

それが当然G5では搭載されております。

画面の解像度は2K解像度を誇ります。本当にそれはいいことだと思いますね。

それではG6のスペックを予想してみたいと思います。

iPhone7 XPERIA XZ 最新の機種購入はこちら

docomo ドコモ au SB ymobileL

G6にはSnapDragon830を採用?

SnapDragon830というCPUが今後出てくることは間違いありません。

SnapDragon830というCPUはQualcommの最新のCPUとなっております。

Qualcommの最新CPUであり、このCPUはライバル機種であるGALAXY S8に採用されると思われます。

SnapDragon830というCPUはSnapDragon820に比べて1.3倍程度よくなると思われます。

SnapDragon830 スナドラ830で8GBのRAMをサポートQualcomm MSM8998という型番

こちらにSnapDragon830のCPUの情報を掲載しておきたいと思います。

続いてRAMの情報ですが、このSnapDragon830では8GBまでサポートできるということなので、ついに8GBのRAMも・・・と予想できるかもしれません。

しかしながら現実は6GB程度で収まりそうですね。それでも十分といえば十分なのですが・・・このCPUが採用されるかされないかで明暗を分けると思われます。

それくらいこのCPUのサポートというのは気になるところではあります。

続いてカメラですが、カメラは現在が1600万画素となっており、ついに2000万画素を超える可能性があります。

2000万画素を超えるとなるとカメラの画素数だけではXPERIAと同じ程度になるということです。それはそれでかなりすごいことですよね。

ひょっとするとデュアルカメラが搭載される可能性も十分に考えられます。デュアルカメラは今後の流行りですからね。

画面の解像度に関しては4Kまで行ってほしいですね。GALAXY S8は4K解像度まで行く可能性が高いと言われております。

現行では2Kで次の解像度は4Kということになり、4Kをサポートしている機種はXPERIA Z5 PREMIUMが4Kまでをサポートしております。

このように今後4Kになっていく可能性というのは十分に考えられるわけです。

上記の情報を元にどうなるかを予想してみます。

大きさ 149.4×73.9×7.3mm
重さ 165g
OS Android7.1
CPU Snapdragon 830 クアッドコア
RAM 6GB
ROM 32GB
画面サイズ 5.3インチ
解像度 3640×2160ドット
カメラ 2000万画素/1200万画素
カラー タイタン、ゴールド、ピンク
その他 3000mAhバッテリー

重さや大きさというのは、ある程度G5の情報を引き継ぎました。

これくらいのスペックになればいいと思います。

iPhone7 XPERIA XZ 最新の機種購入はこちら

docomo ドコモ au SB ymobileL

発表は?

MWC2017あたりでの発表になるのではないでしょうか。基本的にはGALAXY S8とかぶってくると思われます。

それにしてもこのG6という機種は他社からもG6という機種が出ており、名称だけ見るとかぶります。

そう考えると本当にG6という名称で出てくるのでしょうか・・・

それでもGシリーズという名称がかなり馴染んできているので、Gシリーズとして発売してほしいですね。

日本での発売に関しても期待できるのはisaiシリーズを出しているauか過去にGシリーズを出していたドコモかのどちらかです。

これらのメーカーに発売は期待したいところですね。

iPhone7 XPERIA XZ 最新の機種購入はこちら

docomo ドコモ au SB ymobileL

虹彩認証も追加

虹彩認証に関しても追加される可能性が高いと思います。

虹彩認証というのはG5にも搭載されておりました。

よってこの虹彩認証に関してはほぼ間違いなく採用されると思われます。虹彩認証が採用されるとなるとまた非常に簡単な認証になるので、本当に助かりますよね。

虹彩認証だけではありません。とにかく認証処理というのは楽なことが一番です。

GALAXY NOTE7にも虹彩認証が採用されておりましたが、あえなく撃沈してしまいました。

ちょっと残念な感じですが、虹彩認証に関しても今後広く普及していくものと思われます。

ひょっとするとOS側で今後虹彩認証が制御されるかもしれません。今各メーカー共に虹彩認証というものを採用しようとしているのです。

虹彩認証がOSレベルで採用されると前面カメラを持っているとそれだけで虹彩認証がOKということになります。そうなればかなり面白いですね。

虹彩認証というのは指紋認証よりもかなり楽かと思いますが、向きによって出たり出なかったりもすると思いますので、そのあたりのバランスが難しいのでは?と思いますね。

iPhone7 XPERIA XZ 最新の機種購入はこちら

docomo ドコモ au SB ymobileL

GALAXY S8の開発が遅れていることもLGにとってはチャンス

2016年11月14日追記

GALAXY S8の開発が現在おくれているようです。

GALAXY NOTE7の影響によるものです。

そのためGALAXY S8が夏頃まで発売されないとするとそれより先行して発売すると思われます、G6に軍配があがると思いませんか?

GALAXY NOTE7のまさかの発火事故が続いており、現在原因究明にあたっているようですが、実際には原因の究明は出来ていないようです。

その為その具体的な原因がわかるまで流石に次の機種の開発というのは出来ないでしょう。

Samsungは前代未聞の不具合を出したわけですが、今は飛行機に関しても持ち込み禁止です。

それが痛手で次の機種にまで影響を及ぼしているわけです。本当にこれでいいのかな?と思いますが・・・

GALAXY S8の開発に関しては今原因究明と並行して行われていると思われますが、LGにとってはまたとないチャンスです。

LGの機種はSamsungとは同じ韓国ということもあり、完全なライバルです。世界的にはLGよりもSamsungのほうが売れているわけですが、LGもかなりいい性能の機種を発売しております。

G5が発売された時もかなり驚くくらいの機種でしたからね。

LG G5 発表 スペックは 日本での発売は? ドコモ auから発売して欲しい

G5の記事をこちらに掲載しておきます。G5が発売されましたが、日本市場では発売されておりません。

日本市場では別のモデルが現在発売されているのです。LGのフラッグシップモデルの採用をひょっとすると2017年春モデルでは行うかもしれませんね。

Samsungは日本市場でもGALAXY NOTE7の発売を行えずに、かなり苦戦していると思います。風評被害からかGALAXY S7 EDGEも当然ながら売れておりません。

このように他のメーカーを採用する動きがどんどん出てくると思われます。ちょっとSamsungとしてはかわいそうな限りですが、ある意味仕方ないことかもしれません。

iPhone7 XPERIA XZ 最新の機種購入はこちら

docomo ドコモ au SB ymobileL

isai Beatも発売

2016年11月16日追記

同じLGの機種としてGシリーズの派生系のbeatが発売開始されます。

発売日は2016年11月18日となっております。

au isai Beat イサイビート LGV34 スペック 発売日 不具合 LG デュアルカメラ搭載

こちらのモデルとなっておりますが、このbeatに関してはデュアルカメラを搭載しております。

すでにLGとしてデュアルカメラを搭載するだけの実力があるというのであれば、G6でもデュアルカメラはかなり期待したいと思います。

デュアルカメラを搭載することにより、かなりきれいな写真をとることも可能になっており、期待したい人はかなり多いと思います。

iPhone7Plusでデュアルカメラが搭載されたことにより、どんなにきれいに撮れるのか見てみたいという人もかなり増えたと思います。

ここ最近インスタグラムなどのサービスもあり、写真に対するニーズというものは本当にすごいと思います。

写真を撮るということは本当に身近になってきております。

身近に感じるものといえば、他には音楽とニュースです。

昔はニュースといえば新聞やテレビがメインでしたが、ここ最近はネットで情報を仕入れる人もかなり多いと思います。

ネットが普及することにより、ニュースなどの媒体を普通に見ることが可能になりました。これからはインターネット時代とよく言われますが、まさにその通りだと思います。テレビ離れが進んでいますが、ネットがあれば十分という人もかなり多いと思います。

それと音楽です。音楽も昔はCDからmp3に変換して・・・という非常に面倒なことがありましたが、今はダウンロードで販売しているものやストリーミングなどで音楽が聞けるようになりました。

そういうことから本当に便利になったことは間違いありません。

このように端末もそうですが、それに伴うコンテンツというものもどんどん進化しているのです。この進化はまだまだ続くものと思われますので、期待したいところですね。

かなり話は脱線してしまいましたが、G6は今までのLGの魅力を箱詰めにした端末であることは間違いありません。

iPhone7 XPERIA XZ 最新の機種購入はこちら

docomo ドコモ au SB ymobileL

LG G6の画面解像度はかなり高い

LG G6 5GBのRAM 5.6インチ 2400万画素カメラ 4096×2160高解像度 スペックは最高

こちらを見てもらいたいのですが、G6の画面解像度はかなり高くなると予想されております。

画面解像度はなんと完全な4Kになる見込みです。かなり解像度は高くなると予想されております。

ここまでの解像度になれば、本当に他の機種の追随という意味ではなかなかないのではないでしょうか。

驚きの画面解像度です。しかしながら本当にここまでの解像度いるの?という意見もあるかと思いますが、どうせ買うならきれいな解像度の機種で画面を見たいですよね。

またカメラに関しても2400万画素とかなり画素数も高くなっており、ここまで画素数が高ければ写真もかなりきれいに撮れることは間違いないと思います。

G6のRAMは5GBと世の中ではあまりみないサイズのRAMの大きさとなっておりますが、これくらいでも十分といえば十分ですからね。

実際のところ世の中には6GBの容量を持ったスマホも発売されておりますが、4GB以上のメモリ空間を使うようなアプリというものはないと思います。

そう考えると5GBでも十分すぎるということでしょうか。正直なところ、6GBくらいまでいくと過剰スペックということにもなりかねません。

よってこれくらいのGB数に抑えられているのでしょうかね。それにしても今回のスペックリークでかなりハイスペックなことがわかると思います。

本当にいいことだと思います。

iPhone7 XPERIA XZ 最新の機種購入はこちら

docomo ドコモ au SB ymobileL

LG G6に最新CPUのSnapDragon835が採用される可能性

LGから発売されるG6に最新CPUのSnapDragon835が採用される可能性があります。

G6というのは、LGから発売されるフラッグシップモデルということは知っている人も多いと思います。

こちらの機種にSnapDragon835というものが採用される可能性が非常に高いと思われます。

SnapDragon835 GALAXY S8 Xiaomi Mi6などに搭載 ハイスペックスマホに搭載予定

こちらがそのCPUを掲載しているページですが、オクタコアになると予想されており、KryoというSnapDragon820から採用されているものを引き続き利用しておりますが、当然ながらスペック的には非常によくなっております。

そしてこのKryoが現行のSnapDragon820ではクアッドコアだったのですが、それがオクタコアへと進化しているのです。

オクタコアというと単純にクアッドコアの2倍ということになりますが、おそらくクロック数は落としてくると思われます。

クロック数を落としてきても、現行のSnapDragon820に比べるとかなりよくなることは間違いありません。

ちなみに821というCPUもありますが、それがSnapDragon820に比べて1.1倍程度の動作速度ということを考えれば、やはりSnapDragon820からすると1.4〜5倍くらいの動作速度に向上していると思われます。

G6に関しては相当早い動作速度になると予想されますが、日本市場でG6として発売された機種はありませんでしたので、おそらく日本市場ではG6として発売されない可能性も非常に高いような気がします。それはそれでかなり残念な話ですね・・・

iPhone7 XPERIA XZ 最新の機種購入はこちら

docomo ドコモ au SB ymobileL

LG G6ではモジュール拡張機能に期待

2016年12月5日追記

LGといえばG5で出てきたモジュール拡張機能というものがあります。このモジュール拡張機能に期待したいところですね。

モジュール拡張機能というのは、スマホにモジュールを付けることにより、拡張できる機能の一つです。

モジュール拡張機能を付けることにより、カメラ機能などがかなり向上することは間違いありません。「LG 360 CAM」というモジュールがそれにあたります。

それ以外にもLG CAM Plusというモジュールなども存在します。

このようにモジュールを拡張することにより、かなり拡張性もあがり、本当によくなると思われますね。

このように世の中にはなかなか面白いスマホが色々発売されているわけです。

日本ではSamsungから発売されているGALAXYシリーズというのが、かなり力を入れております。

その為GALAXYシリーズというのが日本ではかなり売れているわけですが、LGシリーズももっと日本市場で出てきてもいいのではないでしょうか。

GALAXY NOTE7ショックが引き続きあるのであれば、次の春モデルあたりではLG G6も期待できるのかもしれません。

LGシリーズはモジュールの販売も期待できるので、収益上キャリアはあまり困ることはないと思います。

色々面白機能がついているLG G6は結構オススメできる機種の一つですね。

初回投稿日:2016年11月8日

 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加