携帯電話で儲けることは 無理 携帯乞食は ますます終了に キャリアはもっと儲かる仕組み

iPhone7 /Plusの予約はこちら
docomo ドコモ
au SB

携帯電話、スマホをMNPして儲けようと思っていた人は今はもう風前の灯火です。

携帯電話番号をのりかえることにより儲けようとしていた人は結構多かったと思います。

それももう1年ほど前の話です。今は携帯電話を使って儲けようと思うこと自体がもう無理になってきているのです。

しかしながらお得に携帯電話を契約するということはまだできそうです。

なぜ携帯電話で儲けることは無理なの?

携帯電話で儲けることがなぜ無理になったのか?ということですが、総務省が高額キャッシュバックを禁止したからです。

なぜ総務省が高額キャッシュバックを禁止したのでしょうか?

その背景というのは、既契約の人は何もうまみがないそしてMNPをした人たちだけが儲けているという現状にメスをいれたわけです。

しかしながら今は情報化時代です。情報化時代なので、情報をコントロールしつつ儲けられることを知っている人はかなりいるはずです。

儲けられるということを知っている人に対して制裁を加えたのです。キャリアは儲かりませんが、実はみんなウィンウィンの関係だったわけです。携帯の代理店に関してもMNPをしてもらうことで、キャリアからインセンティブがもらえました。

そして個人的にも儲かって代理店と個人の間にはウィンウィンの関係が出来ていたのです。

それが今は残念ながらそういうわけには行きません。それを総務省がストップかけたのです。

そしてMNPに対する高額キャッシュバックだけが実質なくなったわけですね。

iPhone7 XPERIA XZ 最新の機種購入はこちら

docomo ドコモ au SB ymobileL

キャッシュバックがなくなり

キャッシュバックというのはいわゆる販売促進費です。販売促進費が少なくてもすむということで、キャリアは逆に儲けることが出来ました。

代理店の収益が減り、個人の人にも分配がいかなくなりました。そしてキャリアだけが儲けることになり、ドコモは中間決算でかなり儲かったということをアピールしてしまいました。

当然ながら企業としては嬉しいはずですが、その儲け分を既契約の人に還元する動きも出ているようです。

当然ながら還元してくれるのは嬉しいわけですが、これまた全員に還元することはしないようですね。

結局のところ総務省の思惑はいまいちずれているようにも思います。

本来は全体の通信費などを下げさせる動きになっているようですが、残念ながら全体の通信費を下げるという動きにはまだまだなっておりません。

iPhone7 XPERIA XZ 最新の機種購入はこちら

docomo ドコモ au SB ymobileL

全体の通信費を下げると?

通信費の価格が現在まだ高止まりしているわけですが、これを下げようとする努力はしていると思います。

しかしながら一向に下がってきません。

やはりまだまだキャリアとしては高止まりの価格が適正だと踏んでいるのでしょう。

当然ながら料金を下げることで儲けが減るわけですからこのあたりは本当にキャリアとしては悩ましいところだと思います。

それでも総務省の顔色を伺っていることなどを考えるとそろそろ通信費全体の見直しが行われる可能性も十分に考えられるわけです。

通信は本当に今はライフラインになっております。このライフラインの料金を下げるということは非常に重要なことかもしれませんね。

料金全体の値下げというところではまだ時間がかかると思いますが、各キャリアに対しては期待してほしいと思います。

初回投稿日:2016年11月7日

 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加