ドコモ arrows NX F-01J アローズNX スペック 発売日 評価 評判 レビュー 価格

iPhone7s /Plusの予約はこちら
ドコモは事務手数料無料
docomo ドコモ
au SB

ドコモから2016年冬モデルとしてARROWS NXが発表されました。このARROWSシリーズというのは、定期的に発売されており、前のモデルから約1年経っての発売となります。

ss-2016-10-20-7-39-16

前モデルでは一時期販売停止になるなどの不具合もありましたが、今回のこのF-01Jに関しては期待したいと思います。

購入や予約

ドコモオンラインショップから購入及び予約をすることが可能になっております。

ドコモオンラインショップは非常に優秀なオンラインショップとなっており、ここ最近かなり売上を伸ばしてきております。

ドコモオンラインショップ機種変更メリットをこちらのほうに記載しておりますので、こちらのほうを確認いただければと思います。

どうしてもこの機種と比較されるのが、シャープの機種ではないでしょうか。

国産メーカーとして2つの大きなメーカーから発売される機種なのです。当然ながら比較されるでしょう。今回冬モデルではシャープの機種は発売されておりません。実際のところはこのARROWS NXがフラッグシップモデルを投入してきたということになります。

おそらく夏モデルではシャープの機種がフラッグシップモデルの発売そして、富士通の機種が冬モデルでのフラッグシップモデルの発売となるのではないでしょうか。

それではスペックのほうを見ていきましょう。

スペックは?

大きさ 156.0×75.0×7.7mm
重さ 170g台
OS Android6.0
CPU Snapdragon 625 MSM8953 オクタコア
RAM 3GB
ROM 32GB
画面サイズ 5.5インチ
解像度 1920×1080ドット
カメラ 2300万画素/500万画素
カラー Copper,White,Black
Wi-Fi 802.11 a/b/g/n/ac
その他 2850mAhバッテリー、防水、防塵、虹彩認証

こちらがスペックになっています。

フラッグシップモデルとして発売されるのですが、一応他の機種とはあまりかぶらないように、一応ミドルレンジのスペックとなっております。

ミドルレンジといったところでもこれくらいのスペックならかなり使える機種になることは間違いありません。

虹彩認証なども搭載しており、認証機能に関しても完璧ですよね。前のF-02Hではこのあたりの虹彩認証がうまく動作しないなどの不具合も出ておりましたが、このあたりは改善されていると思われます。

iPhone7 XPERIA XZ 最新の機種購入はこちら

docomo ドコモ au SB ymobileL

SnapDragon617とは見慣れないCPU

日本ではあまり搭載されていないCPUを採用しております。

600番台ということで、800番台と比べると若干スペック的には落ちます。

それでも400番台よりはいいと思いますね。

ここ最近ミドルレンジとして400番台のCPUを搭載している機種を富士通はかなり発売しております。

富士通 SIMフリー ARROWS M03 スペック 価格 MVNOで利用可能

こんなやつが400番台を搭載しているモデルになります。それに比べると本当によくなっていると思いますね。

800番台を搭載していないということで、価格もそこまでは高くないと思いますが、富士通としてはハイエンド機種を採用してこなかったことが少し驚きですよね。

おそらくXPERIAシリーズなどとかぶるからだと思われますが、ハイエンドに期待していた人にとっては少し残念です。

しかしながらフラッグシップモデルということで、この機種も人気が出るでしょうね。

iPhone7 XPERIA XZ 最新の機種購入はこちら

docomo ドコモ au SB ymobileL

発売日は?

発売日に関しては2016年12月上旬と発表されております。

今の時点からすると2ヶ月弱といったところでしょうか。年末商戦にまで間に合わせたいところですよね。

ミドルレンジの中でもハイエンドに近い機種なので、販売後どうなるのか楽しみです。価格に関してもおそらくそれほど高くはならないと思われます。

 

コンクリートに落としても潰れない ソリッドシールド加工

2016年10月26日追記

なんと今回発売される富士通のこの機種ですが、ありがたいことにコンクリートの上に落としても潰れないという構造になっております。これはかなりありがたいことですよね。

通常スマホをコンクリートに落とすと潰れることが多いのですが、この機種はコンクリートに落としても潰れません。

それだけ頑丈なボディというわけです。

ss-2016-10-26-7-18-09

ソリッドシールド加工というものがあり、それを採用することでこのARROWS NXは壊れない仕組みになっているのです。非常に頑丈ボディということで、これは重宝すると思いますね。

ちなみにスマホというのは落とすものです。普通の人なら落とさないように持っているのですが、落とさない自信があるだけで、やはり落ちる人は落ちるのです。

よく落とす人とそうでない人もいると思いますが、自分でよく床に落とすという実感のある人はこれを是非持っておきたいですね。

実際のところ落とさない人はいないと思いますが・・・私はたまに2Fから落としてしまうことがあります。その時はブルーですね・・・ただし今のところ割れたことはありません。

まだ大丈夫です。

そんなことを考えると頑丈なボディの機種を持つことにこしたことはありません。

iPhone7 XPERIA XZ 最新の機種購入はこちら

docomo ドコモ au SB ymobileL

音声部分はONKYOが担当

音の部分に関してはONKYOが担当しております。ONKYOというのはオーディオメーカーなので、当然ながら音の部分に関しては非常に強みのあるメーカーだと思います。

実はONKYOはタブレットなどを開発していることもあり、Androidに対してのノウハウというのは結構持っているのです。その部分を活かして採用されているものと思われます。昔からですが、音に関してはiPhoneとXPERIAがかなり比較対象されておりました。

ここに来て日本メーカーの強みを出してほしいと思います。音楽を聞くということに対しては本当に日常になりつつあります。

個人的にはアマゾンミュージックなどを聞いておりますが、やはりかなりいいですよね。

こんなやつです。プライム会員なら無料で利用することもできるので、非常にいいと思いますね。当然ながらAndroidやiPhoneでも利用可能なので、ぜひこのように音楽を身近なものに感じてほしいと思います。

このようにどんどん音楽という文化は進化しているのです。昔のように好きな曲をまとめたテープなどを作成する必要はありません。オンライン上から好きなプレイリストを作成していくだけで、自分の好きなプレイリストを作成することも可能なのです。

そして面白いことに自分が過去に聞いた曲をもとにオススメの曲も表示してくれるのです。非常に優れものだと思いませんか?

このように音楽を取り巻く環境というのもどんどん進化しているのです。音楽も基本的にはストリーミングで聞く人が増えてきていると思います。その為スマホのプランも大容量にする必要があるわけですね。大容量プランでないと音楽を十分に楽しむことが出来ませんからね・・・このように周りもどんどん変化していっているのです。

ぜひこのスマホを使っていい音楽ライフを目指してください。

iPhone7 XPERIA XZ 最新の機種購入はこちら

docomo ドコモ au SB ymobileL

発売日が確定

2016年11月30日追記

発売日が確定しました。発売日は12月2日と案内されております。

富士通のフラッグシップモデルというのは、日本人に非常に優しいと思います。

富士通の機種を持った人にはわかると思いますが、日本人ならではの直感で操作することが可能です。

ヘルス系のガジェットも搭載されており、直感的な操作が可能となっております。基本的にはAndroidベースですが、富士通独自にある程度カスタマイズされており、使いやすさでいえば非常にいい使いやすさかと思います。

今回はミドルレンジとして発売されますが、ミドルレンジの中でもハイスペックな部類です。おそらくそれなりに価格を抑えての発売になるかと思います。

いわゆる日本ではある程度ニッチなグレードということになります。

ハイエンドモデルではGALAXYシリーズやXPERIAシリーズがありますが、低価格でもない中間の機種というものはあまりありません。

今回のこの機種は中間のものを目指して作っているのではないでしょうか。

本当にそういう意味では中間の機種に位置づけしますが、十分動作速度などは確保されているかと思います。日本では富士通というのは低価格スマホなども色々発売しており、低価格スマホというものでそれなりの実績を積んでいるのかと思われます。

この機種が発売されることで、今後はミドルレンジのものに力を入れていくのではないでしょうか。

ドコモオンラインショップでも予約が可能となっておりますので、ぜひこの機種は予約をしてでも購入したい機種ですね。

ドコモオンラインショップでの販売台数としていえば、iPhoneとXPERIAですが、この機種も発売後かなり食い込んでくること間違いありません。

ぜひ検討してほしい機種の一つですね。

iPhone7 XPERIA XZ 最新の機種購入はこちら

docomo ドコモ au SB ymobileL

ミドルレンジが素晴らしい

2016年12月2日追記

本日発売が開始されるこのF-01Jですが、やはりミドルレンジということが本当に良いと思います。

ミドルレンジのスマホというのは、それほど多くありませんでしたが、この富士通をかわきりに結構出てくるのではないでしょうか。

ミドルレンジといってもどちらかというとハイエンドクラスに近い機種になっているので、結構いいと思いますが、完全なハイエンドというわけではありません。

中途半端といえばそれで終わりなのですが・・・2年間使えるくらいのスペックを備えており、2年間は十分使えると思われます。

どちらかというとハイエンドかローエンドかしかありませんでした。

なぜこの機種がミドルなのかというと、現在世の中に出ている大半の機種で採用されているCPUにQualcommというCPUがあるのですが、そのQualcommで採用されているCPUがハイエンド用とミドルレンジ用とローエンド用の3つ出ているのです。

それのミドルレンジのものを採用しているからなのです。

800番台と600番台と400番台というものです。それに今回は600番台を採用しており、今後も日本で発売される機種は600番台も増えてくると思われます。

それが増えると非常にいいと思いますね。なぜいいのかというと価格はそれなりに抑えられながらスペックも結構いいということなので、オススメできるのです。

初回投稿日:2016年10月20日