iPhone8s /Plus アイフォン8s スペック 発売日 予約 在庫 ドコモ au ソフトバンク

iPhone7s /Plusの予約はこちら
ドコモは事務手数料無料
docomo ドコモ
au SB

iPhone8の後継機種としてiPhone8sが今後発売されます。iPhone8sはかなり期待している人も多いでしょう。iPhone8でかなりブラッシュアップされた機種が発売されると思われますので、iPhone8sは相当人気の高い機種になることは間違いありません。

iPhone7が発売されたのは2016年です。iPhone7の次に発売されるモデルというのはiPhone7sではないと思われます。

iPhone7の次に発売されるのは、iPhone8になると思われます。

iPhone8が発売されるのは、今のところ2018年と言われており、すでに色々情報が出てきております。

この記事を書いているのはiPhone7の発売直後ということなので、今から2年後の発売になると思われます。

まずはiPhone7の情報に関して紹介してみたいと思われます。基本的に2年間で2倍の性能がアップするといわれております。よってこのiPhone7の情報を見ると性能が2倍にあがることがよくわかると思われます。

オンラインショップで購入する人が続出

<ドコモ>

<au>

<ソフトバンク>

オンラインショップはiPhone7の発売時にかなり伸びました。iPhone7の発売でオンラインショップは過去最高の予約をうけたようです。過去最高の予約をうけたということは、今後もオンラインショップの伸びというのはすごいと思われます。

オンラインショップは現在でもかなりのメリットがあります。

iPhone7の予約ですが、こちらに予約方法を掲載しておきます。

こちらがオンライン予約の方法です。

ドコモ予約解説ページ

au 予約解説ページ

ソフトバンク 予約解説ページ

iPhone7の予約解説を行っているページです。こちらも合わせてご確認いただければと思います。

ドコモオンラインショップ機種変更メリットiPhone7の予約

au オンラインショップ メリット 機種変更 MNP 新規 お得に契約 iPhone7 予約も

ソフトバンクオンラインショップ機種変更メリットiPhone7の予約

オンラインショップを行うには魅力がないとだめですよね。

この記事を執筆している2016年10月時点でもメリットがありますが、iPhone8sが発売される頃になるとさらにメリットが増えている可能性も十分考えられますよね。

このオンラインショップの中でもドコモオンラインショップというのは、非常に優れたオンラインショップです。なんといってもXiからXiへの事務手数料が無料です。そして頭金も不要です。それだけで8000円ほどオトクに契約することが可能なのです。ぜひ検討してほしいですね。

ぜひオンラインショップを検討してみるのはどうでしょうか。

iPhone7 XPERIA XZ 最新の機種購入はこちら

docomo ドコモ au SB ymobileL

iPhone7のスペック

機種 iPhone7 iPhone7Plus
大きさ 138.3×67.1×7.1mm 158.2×77.9×7.3mm
重さ 138g 188g
OS iOS10 iOS10
CPU A10 A10
RAM 2GB 3GB
ROM 32、128、256GB 32、128、256GB
画面サイズ 4.7インチ 5.5インチ
解像度 1334×750ドット 326ppi 1400:1コントラスト比(標準) 1920×1080ドット 401ppi 1300:1コントラスト比(標準)
カメラ 1200万画素/500万画素 F値1.8 1200万画素/500万画素(背面デュアルカメラ) 光学2倍ズーム 広角F値1.8、望遠F値2.8
カラー ローズゴールド、ゴールド、シルバー、ブラック、ジェットブラック ローズゴールド、ゴールド、シルバー、ブラック、ジェットブラック
対応バンド FDD-LTE(バンド1、2、3、4、5、7、8、11、12、13、17、18、19、20、21、25、26、27、28、29、30)
TD-LTE(バンド38、39、40、41)
TD-SCDMA 1,900(F)、2,000(A)
CDMA EV-DO Rev. A(800、1,900、2,100MHz)
UMTS/HSPA+/DC-HSDPA(850、900、1,700/2,100、1,900、2,100MHz)
GSM/EDGE(850、900、1,800、1,900MHz)
その他 Touch ID指紋認証センサー,気圧計,3軸ジャイロ,加速度センサー,近接センサー,環境光センサー

こちらがiPhone7のスペックとなっております。

これからまず変更される点というのは、RAMとCPUだと思います。

現行のiPhone7で採用されているRAMは2GBですが、2年後ということになれば、3GBくらいになっているでしょう。iPhone8で3GBになる可能性も十分ありますよね。

すでにiPhone7Plusは3GBのRAMを搭載しております。そう考えると間違いなくiPhone8sの頃にはiPhone8sでRAMが3GBになっていることは間違いないでしょう。

続いてCPUは現在がA10ということなので、次がA11、A12と考えるのが自然です。

これが基本的なスペックを決める要因となることは間違いないでしょう。

iPhone7 XPERIA XZ 最新の機種購入はこちら

docomo ドコモ au SB ymobileL

イヤフォンジャックが復活?

iPhone8ではイヤフォンジャックが復活するとも言われております。iPhone7でイヤフォンジャックがなくなり、非常に残念な思いをしている人も多いと思います。iPhone7では一旦なくなり、iPhone8で復活するとも言われております。

そう考えると同じ系統でiPhone8sは開発されることを考えるとイヤフォンジャックは復活する可能性は十分ありえます。

イヤフォンジャックが復活すると喜ぶ人も多いのではないでしょうか。そう考えるとiPhone7は必要のない機種という認識になるのかもしれませんね・・・

それでもオンライン予約は最高とも言われているiPhone7です。見た目はiPhone6sと系統は同じですが、やはりかっこいいことには違いありません。

iPhone8でイヤフォンジャックが復活するということになれば、当然ながらオーディオメーカーはまた力を入れると思われます。

イヤフォンは音楽を聞く上で必需品なので、これは復活してほしいですよね。iPadProなどは一応イヤフォンのジャックはなくならないと予想されております。

それもメーカーの好みなので、微妙なところですけどね・・・

今のところiPhone8でもイヤフォンジャックは復活しないと言っているので、イヤフォンジャックの復活はないと思われます。イヤフォンジャックが復活するということは、Appleとしても痛恨の極みかと思われます。それでもエンドユーザーとしては正直なところ復活してほしいというのが現状でしょう。やはりイヤフォンジャックがないということで、音楽を聞く機会が減ったという人もかなり多いと思いますね。それくらいイヤフォンジャックというのは、本来なら簡単で身近なものでなくてはいけません。一応Lightningケーブルから聞くことが出来るわけですが、いまいちあれを常に付けていると不細工です。またなくしてしまう可能性も非常に高いのです。そういう意味ではイヤフォンジャックの廃止というのはエンドユーザーにとってはかなり辛いところですね。

iPhone7 XPERIA XZ 最新の機種購入はこちら

docomo ドコモ au SB ymobileL

iPhone8sで期待したいのはOS iOS12が搭載で新機能に期待

2017年6月15日追記

iPhone8sが発売されるのは、2018年の9月頃と予想されているのですが、当然その時に期待したいのは、iOS12ではないでしょうか。

iOS12というのは2018年に発表されるOSであることは間違いありません。そのiOS12ですが、iPhoneに対してはどのような仕掛けが入ってくるのでしょうか?

iOS11では実はiPadメインのアップデートとなっており、残念ながらiPhoneに関するアップデートはそれほど大きくはなっておりません。

そういうことを考えるとiPhone8の見た目は随分変わりますが、ソフト的なアップデートはそこほど行われないということになります。

iOS12 新機能 予想 進化 追加仕様 発表時期 iPad iPhoneがどのように変化する? 良くなる?

こちらのページにOSアップデートの件を随時掲載していこうと思います。

一度確認いただければと思います。やはりこれから先はARに対応というのが非常にネックになると思います。ARというのは拡張現実のことですが、これがどんどん進化することにより、かなりスマホの使い勝手などもよくなることは間違いありません。スマホ自体が世の中に出てきてから10年ほど経過するわけですが、その10年の間にかなり進化してきました。

パソコンが一般向けに認知されるようになってから約20年ほど経過し、今やコンピュータのない世の中は考えられなくなりました。これからはハードの進化もそうですが、ソフトの進化でどのように世の中が変わっていくのか?というほうが気になるのですが、いかがでしょうか?

iPhone7 XPERIA XZ 最新の機種購入はこちら

docomo ドコモ au SB ymobileL

2018年には有機EL搭載iPhoneが全種類

2018年には有機ELが採用されているiPhoneが全種類になるようですね。

2018年に発売される iPhoneはすべて 有機EL OLEDが採用される見込み

こちらを見てもらいたいのですが、iPhoneは今後有機ELを採用するようになると思われます。

有機ELを採用する機種がかなり増えてくるので、有機ELを採用するAndroidも今後はかなり増えてくると思われます。

有機ELを採用するということは、かなり薄型になることが期待できます。またバッテリーの消費に関してもかなり期待出来ると思いますね。

このようにこれから先は間違いなく有機ELを採用する機種が増えてくると思いますので、有機ELに関しての情報が増えてくるでしょうね。

ひょっとするとXPERIAシリーズなどでも有機ELを採用してくるのかもしれませんね。

まだそこまでは不明ですが、間違いなく有機ELを採用する機種は増えるでしょう。

iPhone7 XPERIA XZ 最新の機種購入はこちら

docomo ドコモ au SB ymobileL

iPhone8sではA12というCPUが採用予定

2017年7月20日追記

A12というCPUが今後採用される予定となっております。

A12 CPU Apple iPhoneに搭載 動作速度 スピードは早くなるの? どのiPhoneに採用される?

こちらがA12のCPU記載の記事となっておりますが、A12になると7nmという非常に細かいプロセスルールで製造されることがわかっております。

ここまで細かいというのは、消費電力に及ぼす影響というのもかなりのものかと思います。

相当省エネということがわかります。またOLEDの採用ということもすでに決定していると思われますので、iPhone8sあたりではかなり省エネモデルになると予想されております。

省エネのスマホというのは、本当に課題かと思いますね。iPhoneは今でもかなりバッテリーの持ちもよく、Androidと比較してもバッテリー消費はかなりいいと感じている人も多いと思います。

更にiPhone8sあたりでバッテリーの持ちが改善されるでしょうね。

おそらく現行より、数時間ほどまだバッテリーの持ちが改善するのではないでしょうか。

それはそれでかなりたのしみですね。バッテリー消費というのは本当に辛いですからね。

基本的には1日1度の充電を行う人が多いと思いますが、ゲームなどを利用する人にとってはバッテリー消費は本当に致命的です。

A12の頃にはかなり改善されていることは間違いないでしょうね。

初回投稿日:2016年10月11日