通信会社 大容量 プラン 20GB 動画の閲覧でMVNO 格安SIMからの乗り換えMNPも進む?

iPhone7s /Plusの予約はこちら
ドコモは事務手数料無料
docomo ドコモ
au SB

通信会社が大容量プランというのものを出してきたことは知っている人も多いと思います。

現在低価格化が進むMVNOに対して大容量プランというものを出してきました。

低価格化が進んでいますが、実際のところMVNOは小容量いわゆる3GBまでの通信で1000円未満というのが一般的です。

それが今回キャリアは20GB以上の利用を想定したプランというものを発表してきたのです。

元々この大容量プランというのはかなり価格的には高いものでした。高いものでしたが、かなり価格を抑えてだしてきているのです。

実際に大半の人が3GB〜5GB程度で契約しているのですが、それからの料金アップは1000円程度なのです。

実はその1000円という収入がキャリアにとってはかなりでかいわけですが・・・というわけでどんどんキャリアへ戻ってくる人も増えてくるのではないでしょうか。

キャリアへ戻るなら

docomo ドコモ

au

SB

イオンモバイルの価格設定

イオンモバイル 格安SIM新プラン発表で スマホの維持費を下げる お得に

こちらイオンモバイルの価格設定です。

イオンモバイルも非常に安価ですよね。シェアプランだけ見るとまだまだ勝っている感じはします。

しかしながら単体なら正直なところキャリアモデルを選択するほうがいいのかもしれません。

特にキャリアモデルというのは、ショップで店員に対応してもらえるのです。

何か不具合があった場合に対応は可能ということになります。

正直なところこれではMVNOは太刀打ち出来ない可能性も十分にあると思われます。

このような状況ではMVNOに加入しているメリットというのはあまりありません。

iPhone7 XPERIA XZ 最新の機種購入はこちら

docomo ドコモ au SB ymobileL

小容量が対象?

となると結局小容量のみが対象ということになります。

小容量というのは5GBまでの通信です。こちらが対象となります。こちらならMVNOでもかなり称賛はあります。

小容量なら別にイオンモバイルにこだわる必要もなく、他のMVNO会社でも十分なのです。

他のMVNO会社というのは、GMOとくとくBBなんていうのも他のMVNO会社になります。

実はこれらのMVNO会社というのは確実に後発のほうがお得です。

GMOのとくとくBB 格安SIMで通信費を抑える 今一番安いプラン

この会社は後発なので、実はかなり安価な価格設定をしてきているのです。

後発なだけに大手のMVNOキャリアには勝てないということです。よって価格勝負でやってきているのです。

ちなみに安かろう悪かろうというわけではありません。基本的なエリアというのは、ドコモと変わりません。

なぜなら電波はドコモの電波を利用しているからです。ドコモの電波を利用しているので、当然ながら後は価格勝負ということになります。

基本的にはMVNOキャリアというのはたいていがドコモの回線を利用しているので、小容量を選択する人はMVNOに乗り換えというのが一番オススメなのかもしれませんね。

iPhone7 XPERIA XZ 最新の機種購入はこちら

docomo ドコモ au SB ymobileL

iPhone7ならキャリアモデル

iPhone7がそれでもほしいという人はやはりキャリアモデルになるでしょう。

docomo ドコモ

au

SB

こちらのほうでキャリアモデルなら予約を開始しております。

今後もiPhoneはかなり売れていくと思われます。おそらく年内まではiPhoneの販売がかなり続くと思われます。

オンラインショップはかなりメリットがあるので、ぜひ検討してほしいですね。

ドコモオンラインショップ機種変更メリットiPhone7の予約

au オンラインショップ メリット 機種変更 MNP 新規 お得に契約 iPhone7 予約も

ソフトバンクオンラインショップ機種変更メリットiPhone7の予約

オンラインショップのメリットです。ぜひこちらを見てください。

初回投稿日:2016年9月14日