SnapDragon810は熱問題回避に3ヶ月 G Flex2 などは熱問題を抱えたままリリース?

iPhone7 /Plusの予約はこちら
docomo ドコモ
au SB

SnapDragon810というCPUはオクタコアの最新CPUです。

メーカーはQualcommという会社が担当しております。

このCPUは熱問題を抱えているというのです。

以前この中でも記事を紹介したことがありますが・・・

XPERIA Z4がSnapDragon810でなく805を採用した理由

実はXPERIAシリーズには810は採用されないと思います。

それの原因は熱問題があるからということです。

この熱問題の回避に3ヶ月かかるというのです。

3ヶ月後といえば、日本ではこの810を搭載した機種が発売されるかどうか微妙なところです。

しかしながら今の時点で3ヶ月ということは、恐らく改修には半年以上かかるでしょう。

3ヶ月後から量産体制になると思われますので、そこから組み立て作業に入るということはかなり後になります。

熱問題というと日本ではARROWSシリーズが熱問題が発生しておりますが、熱問題は日本ではホッカイロと言われており全然売れませんでした。

となるとその懸念事項があるなら、日本では810を搭載した機種は発売されない可能性がありますね。

SamsungのGALAXYシリーズも一応810を搭載するかも?といわれておりますが、Samsungは独自CPUがオクタコアです。

グローバルモデルで810は搭載しないのかも知れません。

今のところまだ不明点が多いですが、日本はリスクを嫌うので、キャリアは本当に採用しないかも知れませんね。

805までを搭載しているスマホばかりになりそうです。

やはり購入するなら秋モデル以降になるのではないでしょうか・・・・

 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加