新型 MacBookPro /Air 2017年 スペック 仕様 価格 発売日 予想

iPhone7 /Plusの予約はこちら
docomo ドコモ
au SB

新型のMacBookProが2016年モデルとしてそろそろ発売される可能性がありますが、次のモデルに関しても非常に気になるところです。

発売まではかなり先になると思われますが、どんな機種になるのか予想してみたいと思います。

2016年度モデル

2016年度モデルで一番気になるところは、タッチパネルの部分が搭載されるところです。

ファンクションの上の部分にコントロールパネルがつくと予想されております。

これはタッチで操作が可能ということになるようですね。

このことから非常に操作性がよくなると思われます。しかしながら写真を見る限りモニタ近くにタッチ部分がおかれるので、実際のところは、キーボード操作をしていても少しは慣れた場所になります。

そう考えると少し離れているので、ちょっとキーボード操作から手を離さないといけないので、実際に使うかどうか疑問ですよね。

それでも全てにおいてスペックが上がるということは非常に楽しみなことかと思います。

iPhone7 XPERIA XZ 最新の機種購入はこちら

docomo ドコモ au SB ymobileL

MacBookAirがなくなるかも?

新型のMacBookProが13インチモデルを発売してきたら、本当にAirの存在は怪しくなると思います。

Airは13インチと11インチの2つのモデルを出しておりますが、画面に関してはRetinaではありません。

やはりRetinaの画面が欲しいと思う人もかなり多いわけです。

Retinaになると当然ながら疲れはかなりなくなります。画面をずっと見ているとやはり疲れますが、解像度が高く綺麗な画面で作業できればかなり目に優しいことは間違いありません。

そういうことからProにはRetinaが採用されることはまず間違いなく、それがAir並に薄かったとしたら間違いなくAirは廃盤になっていくと思います。

画面サイズの小さいモデルで言えばMacBookとかぶることも想定できるからです。

MacBookAirの立ち位置

MacBookAirの立ち位置というのは、間違いなくMacBook及びProに立ち位置を奪われる可能性が非常に高いわけです。

それでも今のこの薄さを保ちながらそれなりの安価な価格帯で頑張っているAirを未だにほしいと思っているユーザーもかなり多いことは間違いありません。

ちなみにカフェなんかで持っているマックユーザーというのはたいていがAirだと思います。

その理由はコストパフォーマンスに優れていることと、キーボードの打感とマウスの操作性だと思います。

そのあたりを考えるとやはりAirの立ち位置というのは、非常に優れているのですが、画面サイズやスペックから見るとひょっとすると今後Airはなくなっていくかもしれませんね。

それでもMacBookは打感があまりよくなく、画面サイズが小さいわりにはかなり綺麗な画面を見ることが可能です。

にも関わらず今後は本当にAirはなくなるかもしれませんね。

iPhone7 XPERIA XZ 最新の機種購入はこちら

docomo ドコモ au SB ymobileL

MacBookProはどうなる?

MacBookProが2017年に発売されるとなると確実に薄くなると思われます。

昨今あまり形状変更を行わないAppleですが、Airを本気でなくそうと考えているのであれば、さらに薄型にしてくるでしょうね。

実はそのほうがコスト的にも非常にいいはずなのです。今回MacBookPro2016でかなりいいMacをかなり作っているはずです。

当然ながら1年以上先に新しいMacBookProが発売されるわけですから、薄型を望む声もかなり大きいでしょう。それでもProの場合はある程度グラフィックなどにお金をかけているので、薄型には限界があるかもしれません。

それでもとにかく薄型を目指していると思われます。

Macは先進性の非常に高いメーカーです。期待している人もかなり多いので、今後Proが発売されると相当薄型になると予想されると思われますね。

初回投稿日:2016年8月30日