Windows 10のセキュリティ対策はWindows DefenderだけでOK? マルウェアを防ぐことは可能?

Windows10を利用しているユーザーというのはかなり多くいると思います。

無償アップデートによりかなりの人がWindows10にアップデートしたのではないでしょうか。

使い勝手はともかくとして、セキュリティ対策に関しては非常に気になるところですよね。Windows10のセキュリティ対策として、Windows Defenderというソフトがはじめから入っております。

このWindows Defenderで本当に大丈夫なのでしょうか?


Windows Defender

既知のマルウェアに対してはこのWindows Defenderで実は十分かと思います。

昨今いろいろなマルウェアが出てきており、(マルウェアとはウィルスの総称)特に数ヶ月前に世間を賑わしたランサムウェアなどもあります。

ランサムウェア + – recover helpなどのファイルを作成するウィルスが発生

ランサムウェアというのはこういうものですが、これに悩まされた企業も多く存在したと思います。

既知のものに関しては、Windows Defenderで守ってくれるのです。

となればウィルス対策ソフトをわざわざ購入する必要はないの?という心配もあるかと思いますが、企業ユースならある程度マルウェア対策ソフトを入れているかどうか会社のパソコンを管理する必要があると思いますので、それなりのソフトを入れているところも多いですが、個人利用であれば、Windows Defenderで十分かと思います。

しかしながら気になる人は気になるようです。そういう人はマルウェア対策ソフトを別途インストールしてもいいと思います。

その時はWindows Defenderを無効にしておいたほうがいいでしょうね。

「スタート」→「設定」→「更新とセキュリティ」→「Windows Defender」→「リアルタイム保護」

こちらでリアルタイム保護をONもしくはOFFにするのです。OFFにして別のマルウェア対策ソフトを利用すればいいと思います。

iPhone8 iPhoneX XPERIA XZ1 最新の機種購入はこちら

docomo ドコモ au SB ymobileL

CylancePROTECT

サイランスプロテクトというアプリがあるのを知っていますか?日本に上陸したのはここ最近の話ですが、アプリの挙動を察知し事前に隔離するソフトです。

こちらがデモとなっております。

このCylancePROTECTを利用することにより、既知のマルウェアからだけではなく、新種のマルウェアにも対応するというすぐれものなのです。

とはいうものの、そもそもマルウェアにやられてしまう人というのは非常に少ないと思いますので、どちらを入れておくのがいいのか?というのは非常に悩ましいところですね。

このCylancePROTECTは個人で購入はまだ出来ないと思いますが、今後このような新しいマルウェア対策ソフトというものがどんどん出てくると思われます。

こちらの製品はWindows限定のソフトですが、挙動を見てウィルスと判断するようなソフトというのは、エンドユーザーにとっては非常に有効です。

日本では日立グループがこの製品を担っているようですが、今後販売代理店はどんどん増えてくるでしょうね。

CylancePROTECTはまだ日本法人も出来た?ばかりなので、これからの会社ですが、どんどん今後成長していくような気がしますね。

iPhone8 iPhoneX XPERIA XZ1 最新の機種購入はこちら

docomo ドコモ au SB ymobileL

マルウェア対策は必須

マルウェア対策というのはWindowsパソコンに限った話ではありません。

Androidでもマルウェア対策は行ったほうがいいのです。

こちらの製品ならWindows、Mac、Androidを選択してインストールすることが可能なのです。

このようなソフトなら自分の持っているデバイスにあったソフトをインストールすることが可能になっているので、非常に便利かつ優秀ですよね。

ぜひ検討してみてください。

iPhone8 iPhoneX XPERIA XZ1 最新の機種購入はこちら

docomo ドコモ au SB ymobileL

サイランスやカスペルスキーを導入する企業が増えてきた

2017年7月11日追記

ここ最近未知のマルウェア対策として振る舞い検知機能を利用したマルウェア対策ソフトが非常に増えてきました。

サイランスというアメリカのマルウェア対策ソフトを知っていますか?

知らない人のほうが多いと思いますが、サイランスというマルウェア対策ソフトを導入する企業がかなり最近増えてきております。

日本では馴染みのない会社ですが、マルウェア対策ソフトというものは既知のものに対しては今までは有効でしたが、マルウェアの広まる速度も非常に早く既知のものから未知のものへの対策というものが重要視されております。

未知のものというのはまだマルウェアを作成したばかりで対策会社も把握出来ていないものに対しての対策なのです。

世間でよく言われるのが振る舞い検知と呼ばれるものです。振る舞い検知というものはどういうものか?ということですが、怪しい動きを察知してそれに対して防御するという仕組みです。

怪しい振る舞いを検知するということは今までのマルウェア対策ソフトではあまりありませんでしたが、昨今この対策ソフトが発売されたことにより、今まで検知できなかったようなものまで検知出来るようになりました。

その為かなりインストールをしている企業が増えているのです。

企業としてランサムウェアに感染をしたら本当に最悪ですからね・・・

ランサムウェアに感染すると基本的にファイルの暗号化が行われ、今まで作成したファイル全部使えないという状態になります。

その為基本的にはバックアップを利用して、世代管理などシステムが担う業務というものはかなり負荷が増えてきております。

情報システム部門はいかに業務を楽にするかということで、このようなサイランスのようなものを選択するのです。

またカスペルスキーに関しても同様のものを持っており、そのカスペルスキーというマルウェア対策ソフトでも同様の振る舞い検知というものがあるのです。

振る舞い検知を行うと自社開発のソフトまでも検知されることがありますが、基本的には、そういうものはホワイトリストに入れてしまえば問題ありません。

このように最近はランサムウェアがかなり出てきたことにより、そういったソフトを入れる企業がかなり増えてきたことは間違いありません。

初回投稿日:2016年8月26日

ツールバーへスキップ