ドコモ au ソフトバンク キャンペーンがなくなる 総務省の陰謀で実質0円 購入しづらく

iPhone7 /Plusの予約はこちら
docomo ドコモ
au SB

ドコモ au ソフトバンクではどんどんキャンペーンがなくなっております。

すべて総務省の指針によるものですが、本当に携帯電話が買いづらくなりました。

総務省は何がしたいの?

こちらの記事にも書いておりますが、総務省は何がしたいのでしょうか。

総務省が ドコモ au ソフトバンクに再度 携帯料金 実質0円に対して指示

確実にキャリアに対しての嫌がらせです。

MNPにて購入しようと考えている人にとってはこのような施策が続くということ自体が本当にどうかしています。

それではなぜ総務省はこのようなことをし続けるのでしょうか?

iPhone7 XPERIA XZ 最新の機種購入はこちら

docomo ドコモ au SB ymobileL

機種変更ユーザーへの旨味がない

実はこれが一番の理由かと思います。

機種変更ユーザーへの旨味が少ないということです。機種変更ユーザーというのは確かに旨味はありません。

機種変更したところで、通信費を消費するだけで、本当にそれが美味しいのかどうかわかりません。

実際のところ機種変更のユーザーから搾取した通信費を元にMNPなどの優遇にあてているといえば確かにその通りなのです。

それが一番の原因です。

iPhone7 XPERIA XZ 最新の機種購入はこちら

docomo ドコモ au SB ymobileL

それでも機種変更のユーザーはお得感なし

それでも機種変更ユーザーへのお得感はありません。

ということは今のところ、ドコモ、au、ソフトバンクは機種変更ユーザーへの値下げの意図はほぼないと考えてもいいのではないでしょうか。

なぜ機種変更ユーザーへの値下げはないと考えてもいいのか?ということですが、実際のところ機種変更ユーザーというのは、ほっといてもお金を落としてくれる優良なユーザーなのです。

その人たちの通信費をあえて値下げする必要はないと考えているのです。

それこそ使わずに携帯の契約をほったらかしにしているユーザーもかなりいるわけです。

そのユーザーの料金をあえて下げる必要はないと思っているわけですね。

確かにほっといても毎月お金が入ってくるのに、わざわざそれを下げるということは経営者としてはしたくないことですからね。

そう考えると機種変更のユーザーへのお得感というのは一切ありません。

iPhone7 XPERIA XZ 最新の機種購入はこちら

docomo ドコモ au SB ymobileL

MNPで少しでもユーザーを稼ぎたい

それでもMNPをしてもらって少しでもユーザー数を獲得したいということがキャリアは考えていることでしょうね。

というより、実際のところ販売代理店というのはキャリアとは別会社で運営されているのです。

別会社で運営されているということは、実際はMNPに対しての施策をする必要はないわけです。

携帯を販売していくらという感じでもらえる代理店が一番厳しいわけですね。

そう考えると本来ならもうMNPは必要ないと思っているのはキャリア自身なのかもしれません。

今のままでも十分本体を維持できるだけの収入はあるわけです。

それでも会社としては事業拡大はしないといけないわけですから、それなりにMNPに対して施策を行うわけですね。

今後はますます契約しにくいと思います。

初回投稿日:2016年8月22日