テレビでもAndroidOSやFirefoxOSを採用し 自宅でのネットワーク連携もシームレスに

iPhone7 /Plusの予約はこちら
docomo ドコモ
au SB

これから発売されていくテレビにはAndroidなどが搭載されるものが増えてくると予想されます。

今まではたいてい独自のOSを採用していました。

テレビにAndroidOSを採用するというメリットはなんでしょうか?

まずはYouTubeが見れるということやAndroidアプリが使えるということ

そのあたりがメリットでしょう。

逆にデメリットは特にないように感じますが・・・

あえていうなら、OSのアップデートはされるのでしょうか?ということです。

テレビは10年くらい普通に使う人も多くいると思います。

10年前のOSがテレビに入っていてウィルスなどの問題はクリアされるのでしょうか?

そのほうがよっぽど気になりますが、メーカーの見解としては大丈夫なのでしょう。

個人的にはテレビはテレビでいいのです!

テレビでわざわざYouTubeが見れても私は見ません。

他のものと連携が出来るといったところで、テレビが所詮テレビです。

逆にテレビはテレビで十分なのです。

それこそパソコンにテレビがついていたテレパソというものが以前も流行りましたが、最近はテレパソをわざわざ買う人も少なくなったのではないでしょうか?

結局パソコンはパソコンの用途、テレビはテレビの用途でいいのではないでしょうか?

連携出来るのは便利なのかも知れませんが、便利なのと使われる機能かということは別問題です。

個人的には不要かなぁ?なんて思ったりしますが・・・

ソニー 2015年以降のBRAVIA(ブラビア)にAndroid TVを採用

以前このような記事を書きました。

もしよかったら読んでみてください。

最後にシームレスという言葉よく聞きますが、あまり意味がよくわかりませんね?わかりやすくいえば、シームレスに連携するということは簡単に連携するということくらいに覚えておきましょう。

複雑な設定など不要で大丈夫というような感じです。

自宅のテレビと自分の使っている機種のOSが同じならどういうことになる?

極端な話同じOSではなくてもいいのですが、データやりとりなどが出来るような機能があれば、もっと楽しいことが起きるでしょう。

ゲームの画面をテレビに映すなんてことはまったく問題ありませんね。

それは今でもケーブルを使えば可能です。(機種によりますが)

そういうケーブルを使うことにより、映像を映し出すことは可能です。

ただしそれよりもやはりデータ共有だと思います。

今でもDLNAなどの機能を使ってそういうやりとりは可能になってきました。

今後はテレビ側にもROMが搭載され、テレビ単体でも何かが出来るようになってくるのでしょう。

今は録画機能やテレビを見ることが一般的ですが、スマホ側で指示したことがテレビで動作するということも非常に簡単でしょうね。

音声でチャンネルを変更させるなどの機能も普通に搭載されるでしょう。

初回投稿日:2015年1月8日

 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加