iPhone7ではなくiPhone6SEが濃厚 見た目もiPhone6sとさほど変わらず サイズも

iPhone7s /Plusの予約はこちら
ドコモは事務手数料無料
docomo ドコモ
au SB

iPhone7ではなく、iPhone6SEになる可能性がかなり高いことがわかったようです。

iPhone6SEという名称になるのはやはりかなりショックですよね。

10週年にiPhone7はおあずけ

2017年はiPhoneが発売されてから10年が経過します。

その頃までiPhone7はおあずけになる可能性が非常に高いです。

となれば、今後発売される機種というのは、iPhone6SE、iPhone7、iPhone7s、iPhone7SEとなる可能性が高いということです。

iPhone7 XPERIA XZ 最新の機種購入はこちら

docomo ドコモ au SB ymobileL

3年に1度のバージョンアップに?

アップルは現行の2年に1度のバージョンアップを3年に1度にすることは本当かもしれません。

3年に1度のバージョンアップになるということは、iPhone6が発売されてから3年後ということで、2017年にあたるわけです。

その次は2020年となる可能性があります。

結構先の話ですよね。

それまでiPhoneというのは名称がさほど変わるわけではありません。

かなり期待はずれではないでしょうか?それでもiPhone7がほしい人にとっては2017年まで待つかもしれませんよね・・・

それでも3年に1度しか発売されないということ自体が本当に残念な感じがするのですが・・・

やはり2年のサイクルは変更しないで欲しいですよね

iPhone7 XPERIA XZ 最新の機種購入はこちら

docomo ドコモ au SB ymobileL

見た目が変わらなくても売れる

一番すごいのは見た目がそれほど変わらなくても売れるということです。

それがiPhoneのすごさですよね。普通は見た目が変わらないとさほど売れません。

それをiPhoneは見た目の変更があまりないにもかかわらず売るのです。それが一番すごいことかと思いますね。

今後も十分iPhoneは機種の見た目を買えなくても売れるということです。本当にすごいと思います。

引用元:appleinsider

初回投稿日:2016年8月5日