LINEの既読スルー 切ない気持ちになる人 放置する人 気にならない人 返信はいつやめるの?

LINEなどを利用していて既読スルーってかなり寂しいですよね。

既読スルーといっても全く気にならない人もいると思います。

既読スルーといっても同姓同士なら一切気にならない人も多いと思います。


LINEは基本的に見ない

LINEに集中するから既読スルーというのが気になるのです。

LINEというのは基本的に見ないようにしましょう。見ないといっても定期的に見ればいいのですが・・・

気になるから当然ながら気になるのです。やはり好きな人にLINEを送るときってドキドキしますよね?

結局のところ既読スルーする人の気持ちってどうなのでしょうか?

送信する側と受け取る側の気持ちの差が乖離しているから既読スルーで切ない気持ちになるのです。

しかしながら相手が学生や社会人によってまた異なります。

iPhone8 iPhoneX XPERIA XZ1 最新の機種購入はこちら

docomo ドコモ au SB ymobileL

好きな人にLINEを送る

好きな人にLINEを送る時ってありますよね?

好きな人にLINEを送る時というのは、当然ながら返事を期待するわけです。そのため最後に「?」をつけることも珍しくはありません。

「?」をつけるということで、とりあえず返事を待つという状態に入るわけです。

そして次に考えることは、連続で送ったら迷惑かなぁ?なんて考えるわけです。

相手との気持ちに乖離がある場合は、相手はすぐには返信がないでしょうね。連続で送ったら迷惑と考えるのが普通ですが、それが一切気にならない人もいます。

また既読にならない人もいるのです。既読状態を回避して中を読むことはある程度は可能ですからね・・・

そういうことを駆使しているのかもしれません。

普通相手との気持ちが乖離していないなら通常であれば、読んで返信できる環境ならすぐに返信するでしょう。しかしながら返信したくても出来ない環境にあるときがあるのです。

その時がいわゆる既読スルーとなるのです。

最後に「?」で返したところで、「?」に対する答えをすぐに見つけることが出来ない人も世の中にはいるわけですね。そのあたりが非常に難しいと思いますが・・・

iPhone8 iPhoneX XPERIA XZ1 最新の機種購入はこちら

docomo ドコモ au SB ymobileL

放置する人

放置する人というのは結構います。

「?」でかえそうが、他愛もない話をしようが、ムシする人です。本人はムシしていないのですが、周りはムシしていると感じたらムシしているのです。

それでもなれたら放置する人という認識が出来上がるので、大丈夫かもしれません。

iPhone8 iPhoneX XPERIA XZ1 最新の機種購入はこちら

docomo ドコモ au SB ymobileL

返信はいつやめるの?

返信は眠たい時や返すことがなくなったときに適当にやめるのがいいです。

しかしながらもうLINEはやめるなんていう必要はありません。最後に「?」がついたところで、辞めたい時にやめるのが一番です。

それ以上相手に求められても困るだけです。しかしながらやめどきがわからないなんて人結構多いと思います。

そういう時は眠くないのに「寝るね〜」などと一言添えるといいでしょう。

しかしながらその後にツイッターやSNSの更新をするとそれを目ざとく見つけるウザイやつというのは必ずいます。

「寝てないやん!」とツッコミが入るのです。ウザイ人なので、友達ならやめるべきです。

彼氏彼女ならこれから○○をしたいからまた後でという風に断りましょう。結局のところLINEをしていく上で難しいところがいっぱいあるということです。

iPhone8 iPhoneX XPERIA XZ1 最新の機種購入はこちら

docomo ドコモ au SB ymobileL

最初の話に戻って

LINEを送ったけど返信がないなど切ない気持ちになるということは、結局のところ自分には合わない人だと思ったほうがいいと思います。

その理由は簡単です。

LINEを送っている「あなたは」いつも寂しい思いをするからです。

LINEの返信を待っている人から返信が来ない

こんな悲しいこと他にはないでしょう?あなたのことが寂しがりやと思っている人なら極力返信してくれるのです。既読スルーもしません。

それが成り立っていない時点でフェアじゃないのです。

フェアじゃない人と一緒にいてもうまくいくわけありません。結局のところお互いのストレスを限りなく少なくしてくれるのが、恋愛関係というものです。

結局のところ既読スルーがムカツクと思っている時点でストレスがたまるわけで、結局のところストレスをためないことがすべてではないでしょうか。

初回投稿日:2016年8月2日

ツールバーへスキップ