iOS10 で濡れた Lightningケーブルを検知する機能が搭載 iPhone6s iPhone7でも

iOS10にはなかなかすごい機能が入っているようです。

なんといってもLightningケーブルが濡れていた場合検知する機能を搭載するようです。


濡れているかどうかの判定

濡れているかどうかの判定をシステム的に行うということはそういうセンサーが搭載されているということでしょうね。

ちなみにその判断ができるのは、iPhone6s及びiPhoneSEということです。

となればiPhone7でもその機能は採用されていることは間違いありません。

iPhone8 iPhoneX XPERIA XZ1 最新の機種購入はこちら

docomo ドコモ au SB ymobileL

液体を検知するセンサー

液体反応の注意を促すということはそういうセンサーが入っているということです。

ある意味濡れた手でその付近を触ってもセンサーは反応する可能性がありますよね。

金属部分などは腐食のことも考えるとなるべく水に濡らさないほうがいいと思います。

そういう意味ではこの警告するためのセンサーを入れてあるということは結構価値があると思います。

自分の手が濡れていたところで、実際にその付近をさわろうが、自分は人間なので、手が濡れているという感覚はあるはずです。

しかしながらLightningケーブルというのは、自分が実際に先を触らないと、濡れているかどうかわかりません。

そういう意味ではそういうセンサーが入っている事自体がなかなかのすぐれものということになります。

iPhoneはいろんな意味ですごい機能を搭載していると思われます。

iPhone8 iPhoneX XPERIA XZ1 最新の機種購入はこちら

docomo ドコモ au SB ymobileL

iOS10のリリースはiPhone7の発表時

iOS10のリリースはiPhone7の発表の時でしょう。

となれば、iPhone7の発表は9月の中旬頃に発表されると思われます。

9月中旬に発表され、下旬もしくは中旬に発売というかたちになると思われます。

今のところ予想としては、9月16日にiPhone7が発売されると予想されております。

初回投稿日:2016年7月28日

ツールバーへスキップ