iPhone7に搭載されるCPU A10 能力はA9Xとほぼ同等

iPhone7 /Plusの予約はこちら
docomo ドコモ
au SB

iPhone7に採用されるといわれているA10というCPUですが、次のCPUはA10というCPUになると思われます。

A10というCPUを搭載するので、当然気になるのはどのくらいの性能なの?というところです。

やはり性能に関しては誰もがきになるところでしょう。今のiPhone6sに比べてどれくらい性能がよくなるの?というところも非常に気になると思います。

どこのメーカーが製造?

TSMCというメーカーが製造しております。

今のA9に関してはサムスンとTSMCの2社からCPUを供給しており、サムスン製はイマイチという声が非常に大きかったことを覚えていますか?

サムスン製の何がダメだったのか?といわれてもおそらく基本的な設計は同じだったはずです。

製造工程でTSMCとサムスンの何かが異なるというところがあったのでしょう。

またバッテリーの消費に関してもサムスンのほうが早く消費するなんてことも問題視されておりました。

実際にはそこまでの影響はなかったと思いますが、気にする人は非常に気になるのでしょうね。

iPhone7 XPERIA XZ 最新の機種購入はこちら

docomo ドコモ au SB ymobileL

A10の性能

20160716173716

こちらがA10の性能となるようです。iPhone6sに比べるとかなり性能が高いですが、A9Xに比べるとそれほど変わりません。

A9Xというのはすでに発売されているiPadProに搭載されているCPUとなります。

実際はこのCPUとさほど変わらないということなのですが、iPhoneとしてみた場合にはiPhone6sよりもレベルアップしていることが非常にいいと思います。

iPhone7 XPERIA XZ 最新の機種購入はこちら

docomo ドコモ au SB ymobileL

ベンチマークの結果すべてではない

当然ながらこのようなベンチマークの結果がすべてではありません。

全てではありませんが、基本的なOSなどは同じということを考えると性能が高いほうが間違いなく動作速度が速いということになります。

それでもあと数年はiPhone6sを購入しても使い続けることが可能かと思います。

それくらいOSとハードを一体で購入しているということはいいことなのでしょうね。

このいいことというのは、動作速度が速いなどメリットはあるということです。

初回投稿日:2016年7月16日