ドコモは2016年度中に ガラホ 高速 LTE通信対応の携帯を発売

iPhone7s /Plusの予約はこちら
ドコモは事務手数料無料
docomo ドコモ
au SB

ドコモは今後低価格のスマホを発売するようです。

いわゆるガラホと呼ばれるもので、今まではAndroidを使っていないガラケーが中心でしたが、ガラケーでもAndroidを搭載そしてLTE通信をするものを搭載するというのです。

ドコモが販売する携帯の契約

なんと販売台数の4割がガラケーということです。それはおそらく、年配の人が多く利用しているということがその原因かと思います。

年配の人はガラケーで十分なのかもしれません。

そしてそのガラケーも今後はLTE通信可能なものにしていき、Androidを搭載しているものを出していくというのです。

VoLTEに対応したガラケーも発売されるということになるでしょう。

iPhone7 XPERIA XZ 最新の機種購入はこちら

docomo ドコモ au SB ymobileL

LTE対応なら?

一番懸念されるのは、通信です。通信をほとんど発生させていない人もAndroidが採用されると勝手に通信が行われ、請求が本当にすごいことになる人も多いと思います。

通信費を抑えるということは、結構みんな大きな課題かと思います。

携帯電話の通信というのはまさに水道の水を出しっぱなしにしていても気が付かないものと一緒です。

ユーチューブを見たら感覚的に通信が増えるということはわかりますが、どれくらいという量までは見えません。

結構かなりの容量の通信を行っております。ドコモ、au、ソフトバンクというのは定額といいながら実際にはある程度の容量で速度がかなり落ちます。

そう考えるとそれ以降通信を行いたい人は、新たにお金を払う必要があるのです。

iPhone7 XPERIA XZ 最新の機種購入はこちら

docomo ドコモ au SB ymobileL

ドコモはガラケーを対象に値下げ?

ドコモ ガラケー 携帯電話の料金を値下げ 見直し 格安SIM MVNOに対抗

一応ガラケーを対象に値下げを行う可能性があるということです。

これならガラケーユーザーも安心して利用することが可能ですね。

それでもLTE通信が可能ということになれば、ガラケーのSIMをスマホにさすなんていう人も現れてくるはずです。

そのあたりはどう改善するのでしょうか?

引用元:sankei

初回投稿日:2016年7月10日