iPhone6s iPhone6sPlusで搭載されるCPUはトリプルコア A9が搭載予定

iPhone7s /Plusの予約はこちら
ドコモは事務手数料無料
docomo ドコモ
au SB

次に発売されると予想されるiPhone6sとiPhone6sPlusですが、またもやDualCoreトリプルコアのCPUが搭載されるようです。

Androidの機種はほとんどの機種でクアッドコア以上になってきました。

それがiPhoneはまだまだDualCoreということです。

別にそれが悪いわけではありません。

消費者からするとAndroidとのスペックがどんどん離れていくなぁ〜と思うだけの話です。

iPhone6はRAMの容量が1GBと言われております。

現在Androidは2GB以上は当たり前となってきましたが、それの半分です。

ちなみにiPadAir2は2GBのRAMが搭載されていると言われております。

逆に考えれば、DualCoreのCPUでも十分に動作させることが出来るiOSは素晴らしいということになります。

またDualCoreでも十分に動作し、Androidに負けていることは一切ありません。

ある意味凄いことですね。

となると発売は今年の9月頃になると思いますが、DualCoreのほうが当然ながらQuadCoreなどに比べて原価が安いものですj.

他のところはレベルアップしてくるかも知れませんが、ちょっとだけユーザーとしては悲しいものがありますよね。

当然ながらiPhone6sは現行で発売されているiPhone6に比べて当然性能はあがるわけですから、クロック数の見直しなどは行われると思います。

どれくらい性能アップしてくるのかそれはそれで非常に楽しみですね。

A9はトリプルコア

2015年8月18日追記

A9はトリプルコアとなっているようです。

現行のA8は2コアいわゆるDualコアでしたが、3コアという非常に珍しいコア数になります。

通常2乗ずつ増えていくわけですが、これは3つになっています。

別にそれはそれで構わないわけですが、お陰でかなり高速に動作するようです。

初回投稿日:2015年1月5日