MVNOは安かろう悪かろう? 速度が遅くイライラすることも? キャリアモデルがいい?

iPhone7s /Plusの予約はこちら
ドコモは事務手数料無料
docomo ドコモ
au SB

MVNOを利用していて通信が遅いなぁ〜と感じることがここ最近結構あります。

MVNOでも時間帯によってはあまり気になることはないのですが、なぜかここ最近は結構遅く感じますね・・・

MVNOはなぜ遅い?

iPhone7 XPERIA XZ 最新の機種購入はこちら

docomo ドコモ au SB ymobileL

MVNOにしてから通信速度が非常に遅くなったという人が結構います。なぜ遅くなるのでしょうか?docomoと表示されているので、今までのドコモとくらべて何が違うの?と感じている人も結構いるとおもいますね。

最も大きな違いというのは、ドコモの回線を利用しているだけでドコモのユーザーではないことです。

ドコモのユーザーというのは、ドコモと契約している人です。結局それ以外の人というのはドコモの回線は利用していますが、結局はドコモと契約しているわけではありません。

ドコモと契約しているのは、自分がMVNO会社に契約しているその会社がドコモに回線を借りるように契約しているのです。

iPhone7 XPERIA XZ 最新の機種購入はこちら

docomo ドコモ au SB ymobileL

遅い時間帯がある

MVNOというのはいつも遅いわけではありません。どちらかというと遅い時間帯があるということです。

極端に遅い時間というのはやはり日中の12時〜13時の間でしょう。この間が結構遅く感じるとおもいます。

実際に測定したところ、1Mbps以下の通信しか出来ていません。結構遅いとおもいませんか?通常早い時なら同じMVNOでも30Mbps以上の通信速度が出るのですが、遅い時間は1Mbps以下になるのです。

それでは使おうと思っても使えませんよね・・・とはいうものの、とりあえず通信が出来ているというレベルなので、基本的には通信は可能です。

通信が途切れたりすると問題があるわけですが、通信が途切れているわけではありません。遅いだけなのです。よってあくまで理論上150Mbpsの通信といったところでもあくまで最速な値がそれだけということなので、MVNO事業者がなにか言われることはないのです。それでも遅いと改善要求はしたくなりますよね・・・

iPhone7 XPERIA XZ 最新の機種購入はこちら

docomo ドコモ au SB ymobileL

時間をお金で買う

通信速度が早いということは時間をお金で買っている結果なのです。MVNOに変わった瞬間に料金は下がります。料金は下がりますが、通信速度が遅い時間帯があるということは、結局キャリアと契約しておけばよかった・・・と思う人もいるわけなのです。

キャリアと契約するということはそれなりに毎月の費用が発生します。

それでも早いにこしたことないという人は今まで通りキャリアと契約し続けるとおもいます。

それで大丈夫な人はそのままキャリアと契約し続けてください。

それが嫌な人がMVNOに乗り換えてくるわけですが、今までキャリアと契約していたのであれば、間違いなく遅く感じる時間帯はあるとおもいます。

やはりそれでも安いほうがいいという人が非常に多いとおもいます。

iPhone7 XPERIA XZ 最新の機種購入はこちら

docomo ドコモ au SB ymobileL

通信速度制限の時間帯があってもいい

ということで、結果的に通信速度制限の時間帯があってもいいという人にはオススメしたいSIMがあるのです。